« 由利の肉鍋 | トップページ | 下水道 マンホール »

2008年10月26日 (日)

キノコの宝庫だからこそ・・鳥海「きの子まんじゅう」誕生! 

Photo Photo_2 Photo_3

今日ご紹介するのは、鳥海の「きの子まんじゅう」です。

この「きの子まんじゅう」。

まず、ネーミングがふるっている。「木の子ども」という意味もあるだろうが、「子」という唯一の漢字がなんともかわいらしい印象を受けずにいられない。

2個入りで300円だが、その価値は充分にあると思う。

二つに切り分けたその中には、「椎茸・ブナシメジ・ナメコ・モタツ」など鳥海山で採れるきのこが惜しげもなく使われている。

味の方はというと、冷たいままでも充分にイケルが、なんと言っても蒸かしたり、電子レンジで暖めると旨みが格段に上がる。

肉まんやあんまんも「チン」していただく方々がほとんどだと思うが、あの感覚そのままにジューシーな「きの子」を「フーフー」言いながら食べられるのがたまらない魅力だ。

完全手作りのため、一日に作れるのは、せいぜい数十個だそうだ。

販売しているのは、道の駅・清水の里・鳥海郷にある直売所「ほっといん鳥海」など。

手に入れるのは、開店直後の午前中が確実だとか、、、

「ほっといん鳥海」は、由利本荘市「本荘地区」から車で1時間10分程度、湯沢市「雄勝地区」から同じく20分程度の鳥海町上笹子地区にあります。

お問い合わせは、電話:0184-59-2022「ほっといん鳥海」まで

(情報提供:鳥海ホットライン)

« 由利の肉鍋 | トップページ | 下水道 マンホール »

美味しい食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/24762548

この記事へのトラックバック一覧です: キノコの宝庫だからこそ・・鳥海「きの子まんじゅう」誕生! :

« 由利の肉鍋 | トップページ | 下水道 マンホール »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ