« 青空に誘われて雪の中島台へ | トップページ | おっしゃれ~♪なお店 »

2008年12月 3日 (水)

西目のりんご

11月29日のブログを見て、早速 JA西目に行ってきました。

P1000429_2

昼過ぎに行ったのですが、朝から結構お客さんが来ていたとか。

結構 ひょうの傷は 痛々しかったのですが、とりあえず

一箱購入。1000円で 20~25個くらい入っていました。

切ってみると こんなにもみずみずしい。美味しかったですよ。

P1000426

皆さんも 応援してくださいね。

(はたぼーでした。)

« 青空に誘われて雪の中島台へ | トップページ | おっしゃれ~♪なお店 »

美味しい食べ物」カテゴリの記事

コメント

私は農薬を使ってるものが悪く、無農薬栽培が全て正しいのだという考えは持っておりません。実は私も農家です。多少の稲作に対して、予防薬として農薬を使用しています。だから、農薬が全て「悪」とするならば論外のことです。
ただし、「奇跡のリンゴ」は無農薬の成功物語」ではありませんが、その目指した生き方に共感を覚えましたし、罹患を思うあまりに農薬を使用するのは考えを改める必要があるのかも知れないという事から、発言させて戴きました。

奇跡のりんごについて一言
我々普通にりんごを作っている人間にとって、とても考えられない事かと思います。
あえて、本は読んでませんが、テレビ等で見る限り、いい所ばかりではないかと思いました。
普通に栽培したモノと、無農薬で栽培したモノが並んで売られていれば、十中八九普通に栽培されたモノを買い求めると思います。無農薬と言えばいかにも体に害がないように聞こえますが、果たしてそうでしょうか。自然界には、毒素を持った菌だっているのです。りんごだって生き物、病気が付くと思えば薬を飲まなければなりません。害虫に食われないように薬でバリアを張る必要もあります。皆さんが風邪ひいたと医者に行って薬をもらって飲むじゃありませんか。それと同じ事なのです。なぜ薬を飲むのでしょうか。その薬だって、効果があるのは1~2日ではないですか。りんごの農薬だって同じ事で、太陽光で分解されて効果は消えてゆくのです。その農薬散布が、さも悪い事のように錯覚されるのが残念でなりません。木村さんの努力を否定するのではありませんが、農薬散布して体に変調をきたすのであれば、我々はとうの昔にお陀仏しているはずです。
普通に栽培され、病害や害虫から守るために農薬散布された本物のりんごを食べても体にはなにも影響はありません。おいしいりんごをたくさん食べて、メタボ、便秘などに大いに役立ててください。

しゃりしゃりの食感、蜜入りのりんご。大好きです。毎年西目のりんご買ってま~す。去年は雹の被害、大変でしたね。そのりんごも買ったけれど美味かったよ。それにしても自然相手の仕事は大変だよね。
「奇跡のリンゴ」読んだけど涙なみだでした。8年がかりで無農薬栽培をされた男の感動の一冊でした。

アドレスです。
rinngoya@chokai.ne.jp
早モノ勝ちですのでどうぞ。

その名の通りりんご屋です。
この度の雹害りんご購入に際し、たくさんの皆様のご購入いただきましてありがとうございました。当たりの良かった人は写真のようなミツ入りが買えたと思いますが、雹害の名を借りて加工用にもならないような着色不良果や未熟果を箱に詰めた確信犯もいたようで、生産者モラルに憤りを感じています。まずいりんごに大当たりの方々、ゴメンナサイ。
我が家では、まだりんごがぶら下がってます。収穫をあきらめました。あきらめたと言うよりも収穫放棄でしょうか。まだ半分は食べられます。販売した被害果とは比べものにならない傷物ですが、欲しい方があれば差し上げます。取りに来てください。写真もあるのですが、どこに載せればよいのかわかりません。これが雹の被害なのかとビックリすると思います。牛や豚のエサに使いたい方でもOKです。さあどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/25880164

この記事へのトラックバック一覧です: 西目のりんご:

« 青空に誘われて雪の中島台へ | トップページ | おっしゃれ~♪なお店 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ