« 暑い夏には滝巡り!! | トップページ | そうだ。ハゼ釣りに行こう。 »

2009年8月17日 (月)

夏休みの宿題応援シリーズ ~『千年の匠』工芸館編~

大好評sign02シリーズの第2弾は、『千年の匠』工芸館さんでhappy01

由利本荘市の本荘大橋のすぐそばに、現代の名工『小高重光』さんの長年の夢だった秋田の木製工芸、組子細工の展示館があります。

店内は小高さん氏の作品が展示されていて、秋田杉と埋もれ木を材料とする組子細工の複雑さと大きさには圧倒されます。

組子は、「木のレース」と言われる高度な技術で、小高さんは、天然秋田杉、ケヤキのほか、神代杉を材料として使っているそうです。

神代杉とは2600年ほど前の鳥海山の大噴火の時に火山灰に埋もれた天然秋田杉を掘り出したもので、火山灰などの色が染み込み独特の色合いと風合いを持つ最高級の木材です。

組子細工以外にも、にかほ市釜ケ台で出土した神代杉の埋もれ木(全長30m位?)が梁として使用されていたり、2階までの吹き抜けにそびえる大木など、随所にスケールの大きさと木の文化を感じる施設です。

こちらでは組子細工をやってみましょうheart04

組むだけの状態に加工した木材を、手順書に従って作れば、コースターや鍋置きなどが簡単に作れますYOsmile

私のオススメは格子戸sign03 お店の人に教えてもらわないとできませんが・・・coldsweats01

『千年の匠』工芸館は入場無料。 組子キットは一袋800円です。

開館時間は9時から19時ですが、急に閉館する場合が有るため要確認です。

詳しくは『千年の匠』工芸館

夏休み宿題応援団長ことおこちゃんでしたhappy01paper

« 暑い夏には滝巡り!! | トップページ | そうだ。ハゼ釣りに行こう。 »

やってみたシリーズ」カテゴリの記事

イチ押しの特産品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/30990560

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題応援シリーズ ~『千年の匠』工芸館編~:

« 暑い夏には滝巡り!! | トップページ | そうだ。ハゼ釣りに行こう。 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ