« 天鷺ワインの冬ギフトはいかがでしょう? | トップページ | 本荘のつけ麺やと言えば・・・ »

2009年11月24日 (火)

ハタハタの水揚げを見に行ってみた。

民謡「秋田おんど」では、「八森ハタハタ、男鹿で男鹿ぶりこ」
と歌われているため、男鹿半島から県北部沿岸の魚とも思われていますが、
実は、象潟から由利本荘までの「南部漁協」管轄、
鳥海山麓沿岸のほうが水揚げ量が多いのですfish
11月、「ハタハタ漁」は最盛期を迎えており、
にかほ市金浦漁港では、多くのハタハタが水揚げされていましたshine
漁港では、はたはたが漁師やその奥さん方により仕分けされていました。
金浦漁港で、ハタハタ漁の様子を見学するのは、20年ぶりで
ノスタルジーな気分になって涙が出てきました(´;ω;`)アッー

Photo_5

流れるようにハタハタを仕分けする姿は、
港町でしか見ることの出来ない金浦の誇れる風景でした。
道の駅にある土田水産さんでも、ハタハタは販売しておりました。 土田水産 ハタハタ

船内で梱包されたか、陸で梱包されたかで値段は違いますが、
味はどちらも「うまい」こと間違い無しです。
取れたてのハタハタが約4キロ(1,700円~2,300円)でこの値段はお得ですね。
秋田の冬の味覚を皆さんも是非楽しんで下さい。
(取材日:11月24日の金額になっております)

スタッフNでした( ^ω^)みんな、もっとハタハタ食べろよ!

« 天鷺ワインの冬ギフトはいかがでしょう? | トップページ | 本荘のつけ麺やと言えば・・・ »

やってみたシリーズ」カテゴリの記事

コメント

あきたファンドッとコムにも情報提供しています。
http://www.akitafan.com/topics_sys/user/show_topics.php?serial_no=4085

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/32340373

この記事へのトラックバック一覧です: ハタハタの水揚げを見に行ってみた。:

« 天鷺ワインの冬ギフトはいかがでしょう? | トップページ | 本荘のつけ麺やと言えば・・・ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ