« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

あの菜の花をもう一度

どうしてももう一度あの景色を見たくて昨日
矢島町の桃野にある菜の花まつりの行われた
菜の花畑へ行ってきました
“もう終わっちゃたかな~”と半分思いつつ・・・
ところがどっこいビックリマーク
菜の花は終わるどころかまだまだ咲き誇っていました

O0448034010567609198
鳥海山菜の花の素晴らしいコラボレーションラブラブ

O0306041610567609425
沢山のお客様が足を運んでいました
もちろん"カメラマン”も

O0310041610567663504
素晴らしい景色のおかげで
心癒されおおらかな気持ちになりました
行ってみて良かった・・・SAYUウフ

O0239038010567609196

ワンちゃん達も花粉で顔を黄色くして遊んでいましたよ
まだ
桃野の菜の花畑をご覧になっていない方々“まだ間に合います”
是非足を運んでみてくださいませ
あの
心の震えるような素晴らしい景色に出会えますよビックリマーク

 矢島観光サポータ 
やし子

矢島観光サポーターブログ←コチラもよろしくお願いします☆

2010年5月30日 (日)

まるっと鳥海道の駅バトル~全国のFMネットで紹介されます!

いよいよ6月1日から始まるまるっと鳥海道の駅BATTLE!!第2弾dash
P42300511

この度、全国のFM各局をつないで放送されている「flowers」で
紹介していただけることになりましたlovely

放送は5月31日(月)15時ころからの予定です。

また、6月3日(木)にはNHK秋田放送局の「ひるまえこまち」エキヨコ!イベント広場に
道の駅から1名ずつ、6名の方に出演していただき特別定食をPRします。
こちらは11時30分ころからの放送。

ぜひこれらのラジオ・テレビも視聴いただき、道の駅バトルを応援してくださいね!

スタッフKでした。

2010年5月28日 (金)

冬師集落で田植え体験してみませんか?

にかほ市の冬師集落では、昔から「わら細工」が盛んで、今でも
集落のおばあちゃんたちが全国へ質の高い「わら細工」製品を届けています。

今年度は「わら細工」を1から体験しようと、第1弾として田植え体験が実施されますriceball
flag現在体験者を大募集中flag

Img360_3

手植えの田植え作業は今ではなかなか体験できませんcatface
参加費無料dash当日参加も歓迎ですので、ぜひ冬師集落にお越しくださいshine

わら細工体験第1弾田植え作業~わら細工の材料『わら』づくりの第1歩~
開催日時 平成22年5月30日(日)13:30~(約2時間)
開催場所 にかほ市冬師集落の田んぼ
集合場所 農村婦人の家(集落会館)
       住所 にかほ市冬師字冬師96 集合時間13時
申込み先 にかほ市役所農林水産課まで電話又はFAXにてお申し込みください。
       TEL 0184-38-4303 FAX 0184-38-4050
       ※当日参加も歓迎します
       申込み用紙はこちら→「taue.pdf」をダウンロード
参加費 無料

今後は
two弾 くごの刈り取り(「みの」の材料)
three弾 稲刈り・はさ掛け
four弾 わら細工づくり   を予定していますよnote

ショウでした。 

2010年5月27日 (木)

花立牧場工房ミルジーさんの至高の「コーヒーゼリーソフト」!

花立牧場工房ミルジーさんを訪ねました。

目を引いたのが「コーヒーゼリーソフト」。
商品説明には「コーヒーゼリーにソフトを乗せます」とだけ書いてある。初めて見たので、ソフトってなんだろう、ソフトクリームかしらくらいの理解度です。よし、頼んでみよう。

2

ソフトクリームをコーヒーゼリーに乗せてくれました。
びっくりするほどお若い店員さん。 秘訣が知りたいほどです。

1_2

右が陳列されているもので、左が購入後に盛られたものです。
ソフトクリームを崩して食べていき、ソフトクリーム終盤にコーヒーゼリーが現れます。
ちゃんとコーヒーの味がするゼリーと濃厚なジャージー牛のソフトクリームがあいまって、おフランス的にはソフトクリームとコーヒーゼリーの幸せな結婚とでも言うのでしょう。

ひとつ370円、いや美味しくいただきました。至高、至高。

その他詳細はこちらをご覧ください(鳥海高原花立牧場高原)

かつて山男でした。

2010年5月26日 (水)

開けてびっくり「おばこ箱」!

今日は矢島駅売店で販売されているお土産BOX、その名も「おばこ箱」をゲットしました。
この「おばこ箱」、矢島駅売店勤務の佐藤まつ子さんや地元の団体が商品開発を手がけ今月から販売しているとのことですpresent
Photo
箱の中には漬け物やお菓子などが入っておりました。(今回の漬け物はいぶりがっこでしたが季節によっては、まつ子さん自らが漬けた大根に塩漬けの桜の花を添えた「桜かをり千枚漬」になる場合もあるそうです。そちらも食べてみたかった…)
お菓子の中には、障害者やその親でつくる団体「はたちの会」のみなさんが作った手作りのクッキーも入っておりました。
Photo_2
そして、気になるものが…一つ。鉛筆です。
が、ただの鉛筆ではありません。側面をみるとそこには「よく生きよ 生きて生きて生き抜け」の文字がflair
この鉛筆は地元、矢島中学校の校長が生徒の誕生日にプレゼントしていたものを復刻させた逸品だそうです。(鉛筆ではなく「おばこ号」が描かれた絵はがきの場合もあるようなので悪しからず…。)
残念ながら私は矢島中学校出身ではないのですが、卒業された方にとっては思い出深いお土産となりそうですconfident
Photo_4
こちらの「おばこ箱」、飾ってよしの素敵な箱いっぱいに商品がはいって1箱1,000円となっております。
団体客が乗車する日は車内でも販売するようです。
一家に一箱ぜひ「おばこ箱」を。

スタッフSでした。

2010年5月25日 (火)

ぽぽろっこ10周年記念イベント開催

由利本荘市岩谷にある「総合交流ターミナルぽぽろっこ」は
今年度で10周年を迎えますbellbellbell

これを記念して5月30日(日)には10周年記念イベントを開催clover

当日は「楠の湯」のポイントカードのスタンプが5倍となるほか、
グラウンドゴルフ大会やディナーバイキングなどが開催されます。

さらに、朝採り野菜や加工品などが大人気の直売所「ひまわり会」の
10周年記念感謝祭も同時開催dash

民謡、ヤートセ踊り、秋田由利牛の焼肉大会、フリーマーケットなどが
開催されます。
先着300名様には紅白の大福もプレゼントheart04

10年間の感謝の気持ちを込めて開催される今回のイベント
ぜひご家族で出かけてみてはいかがですか?

ribbonぽぽろっこ10周年記念イベントribbon
平成22年5月30日(日)開催
one「楠の湯」入湯ポイントカードのスタンプ5倍
twoグラウンド・ゴルフ大会(受付8:30~ 参加費500円)
threeケーキ・デザートバイキング(15:00~16:30、大人1,000円、小学生800円)
  ※限定50名様、チケット制となっておりますので事前にお申し込みください。
fourディナーバイキング(17:30~20:00、大人1,500円、小学生1,000円)
  ※チケット制となっておりますので事前にお申し込みください。
申込み・問い合わせ先 ぽぽろっこフロント telephone0184-62-1126

ribbon大内地域農産物直売所「ひまわり会」10周年記念感謝祭ribbon
平成22年5月30日(日)開催
10:30~ 農産物、加工品の販売、フリーマーケットなど
11:00~ 秋田由利牛焼肉大会
11:30~ 民謡ショー(1部)
12:10~ ヤートセ踊り
12:50~ 民謡ショー(2部)
  ※先着300名様には紅白の大福プレゼント
  ※中学生以下50名様にミニソフトクリームプレゼント
問い合わせ先 ひまわり会 telephone0184-62-0831

ショウでした。

2010年5月24日 (月)

菜の花まつり

鳥海高原「桃野」菜の花まつりへ行ってきました。

昨日は薄曇り、暖かな1日でしたが、風がやや強く、熱気球は中止でしたが、他のイベントは開催されていました。
ポニーに乗って喜ぶ子供たちや、自作の紙飛行機を飛ばして距離を競っている人など、楽しみ方も様々。
菜の花を無料で摘み取れたので、頂いて来て自宅で楽しんでします。

美しい鳥海山をバックに、菜の花も綺麗に咲き誇っていました。

Dsc00907


Dsc00914_5

提供: SAKU

2010年5月22日 (土)

南由利原のワラビ最盛期です。

本日から2日間、南由利原を会場に鳥海高原「桃野」菜の花まつりが開催中です。

行き帰りには、高原の途中の道ばたなどでワラビを取ってみてはいかがでしょうか。

今が最盛期かもしれません。また、道路脇では取れたてのワラビの無人販売がある

箇所があります。

今日明日は良い天気に恵まれるので、皆さん出かけて見てはいかがでしょうか。

Photo_4   

ボランティア 海坊主の情報でした。                           

2010年5月20日 (木)

天下の戦国武将「真田幸村」ゆかりの地へ・・・

 ここ由利本荘市が、あの「徳川家康」を震え上がらせたさせた戦国武将「真田幸村」と繋がりがあることを耳にした。
 自分は歴男ではないが、天気も良く、惹かれるものを感じたので、早速、出かけてみた。

 真田幸村ゆかりの場所は旧岩城町の亀田地区。天鷺村のあるところである。普段、R7を通過しているだけでは気がつかないのだが、実際に通ってみると良い意味で古い街並みは、いかにも歴史のある街であったことを想起させてくれるに十分な雰囲気が今も残っている。

Sbsh0388

 さて、その何ともいえない佇まいの通りの一角に、それはひっそりと建っていた。真田幸村ゆかりの古刹の名は「妙慶寺」。出羽亀田藩2代目藩主、岩城宣隆公の正室であった「顕性院」が建立したものであるが、その顕性院こそ、真田幸村が四女「御田姫」であり、この古刹は徳川家康に滅ぼされた真田家の菩提を弔うべく建立されたものとのこと。しかも、母親があの太閤「豊臣秀吉」の甥っ子「豊臣秀次」の娘、「隆性院」とくれば、何でこれほどの歴史ロマンに満ちた場所を今まで知らずにいたのか、ちょっと悔やまれた。
 ま、何でもメジャーになれば良いかというと、必ずしもそうとは言えないが、ちょっともったいないような・・・自分だけ?が得したような気分で妙慶寺を後にしたrvcar

 せっかくここまで来たので、たまに乗る羽越線の車窓からしか見たことがない「羽後亀田駅」に立ち寄ることにした。

Sbsh0391

 で、これまた見てのとおり、古のロマンの臭いぷんぷんの木造駅舎である。どうやら基本は大正時代のものらしい。しかも、今は亡き松本清張氏の名作「砂の器」にも登場した駅だそうだ。う~む、ここもやはりただの駅ではなかったかぁ!!(゚ロ゚屮)屮

 最後にお土産?探しに天鷺村に立ち寄った。何か変わったものがないかなと店内をウロウロしていたら、「これっ新商品なんですが、いかがですかぁ?」と、店員さんがこちらの弱点を見事に刺激するセリフを、それこそ断りづらくなるようなニコニコ笑顔で投げかけてきた。

Sbsh0392

 差し出された新商品は「黒平豆岩納豆」と、如何にも甘々なお菓子。辛党故、甘々の和菓子は不得手なのだが、懐かしさに物珍しさも手伝ってつい購入( ̄◆ ̄;)

 天鷺城の天守閣に登り、眼下に広がるのどかな景色を眺めつつ舌鼓を打った。う~む、パッケージの売り文句どおり、懐かしくて美味い!そうそう、ここ天鷺城に登るのは無料だとか。何とも太っ腹な話だ。

Sbsh0383

 などと感嘆しつつ、ぼぅっとしていたら、携帯が鳴った。突然の家人からの帰宅指令である。ここは潔く撤退するしかないことは、それこそ我が家の歴史が物語っている。

 ここで歴史ロマンの世界から現実に引き戻され、ジ・エンド。天鷺村の古民家での一服は次回に残しておこうと心に誓い、岩城を後にした。

by ざむざZ

2010 新ボツメキビール 販売中!

道の駅東由利・「黄桜温泉湯楽里」で販売されているボツメキビール。
P5190106_2 

東由利のボツボツと湧くボツメキ湧水で仕込んだ生ビールですbeer

今年2月に汲んだ水で仕込んだ2010新ボツメキビールが入荷していましたhappy02
P5190089

たくさんの人が集まる時やサプライズプレゼントにもぴったりの一升瓶サイズが
オススメですよshine(1本2,700円)
P5190101

おいしい天然水を使っているだけあって、のどごし抜群!

できたての2010ボツメキビールをぜひお試しくださいclover

ショウでした。

2010年5月19日 (水)

鳥海高原「桃野」菜の花まつりの本日の主会場

5月22日・23日に開催される鳥海高原「桃野」菜の花まつりの主会場に行ってまいりました。

素通しで鳥海山が見え、菜の花が前景です。動画では曇り空が残念ですが、当日は晴れ間も見える模様。
菜の花の香りがほのかに漂い、とても良い雰囲気でしたー。
この動画も手ぶれが...三脚買わないと(/ω\)ハズカシーィ

詳しくはこちらをご覧ください(NPOあきた菜の花ネットワーク)

かつて山男でした。

2010年5月18日 (火)

癒しの滝「元滝」

由利地方は5月になって陽気も安定し、水田の早苗も気持ち良さそうです。

山々の新緑も目に鮮やかな季節です。そんな陽気に誘われて、にかほ市象潟にある「元滝伏流水」を訪ねてみました。

駐車場から水路の水音とともに「元滝」への散策道に入ります。驚かされるのは水のきれいなこと。すくって飲んでみたい衝動に。それほど澄んでいます。

10分ほど歩くと「元滝伏流水」。

Photo_7

うわさには聞いていましたが、なるほど今までの豪快に流れ落ちる滝のイメージとはひと味違い、水音とミズゴケの調和の空間にたどり着きます。

Photo_8

今回は写真での紹介ですが、記者個人では動画撮影で、なにも足さず大画面テレビで楽しみたい、そんな衝動にかられる「癒し」のひとときを過ごしました。

人はその起源からか、水がそばにあるとなんとなく落ち着きます。

当日の駐車場には、横浜ナンバーの車も。喧騒を離れて「癒し」を求める旅でしょうか。素敵です。

《元滝マップ》http://www.nikaho-kanko.jp/kanko_01_sizen.html

お問い合わせ>

にかほ市産業建設部観光課 ℡0184-38-4305

by ジョニー

2010年5月14日 (金)

鳥海高原「桃野」菜の花まつりが5月22日、23日開催されます!

5月22日、23日に由利本荘市矢島町、桃野地区で開催される『鳥海高原「桃野」菜の花まつり』。5月13日現在の様子をお伝えします。Photo
写真撮影時はあいにくの雨で鳥海山を望むことはできませんでしたが、広大な土地に広がる菜の花畑に圧倒されてしまいました(゚0゚)Photo_2
ご覧のとおりまだつぼみの状態ですが、「菜の花まつり」当日にむけて咲くのを我慢している?かのようでした。当日は辺り一面に美しい黄色の絨毯が広がるのではないかと期待しています( ̄ー+ ̄)

当日は、BDFトラクター乗車や熱気球・ポニー試乗体験などイベント盛りだくさんとなっております。
5月22日、23日はぜひ会場へお越しください!

詳しくは「こちら」

スタッフS

2010年5月13日 (木)

雨の黄桜、八重桜

今日は東由利、「八塩いこいの森」で開催中『本荘春の花巡り 黄桜祭り』に行って参りました。
ここ「八塩いこいの森」はソメイヨシノ約900本、黄桜約400本、八重桜約700本と3種類の桜がダム湖畔に美しく咲き誇りますcherryblossom
桜といえば一般的にかわいらしいピンク色を想像されるかと思いますが、東由利の桜の代名詞、黄桜は読んで字のごとし、黄色の桜となっております。(写真では白っぽくなっておりますが実際みるとほんのり黄色がかっており、とてもきれいです。)
Photo
今日はあいにくの雨rainでしたが、八重桜の鮮やかなピンクと黄桜のほのかな黄色が雨にしっとり…癒されましたcatface晴れの桜はもちろんですが雨の桜もまたよろし、です。(雨の日は傘などをお持ちになって風邪などひかぬようお気をつけくださいsweat01
Photo_2
「八塩いこいの森」からの帰り道は大吹川の民家の前にある知る人ぞ知る名水(湧水)を一口いただいて参りました。
Photo_4
スタッフSでした。

まるっと鳥海道の駅BATTLE!!第2弾開催します!

2月に開催して大好評だったまるっと鳥海道の駅BATTLE!!

いよいよ第2弾が6月に開催されることが決定しました。

第2弾は「定食」対決。秋田由利牛や山菜、魚貝などまたしても由利の食材を
思う存分楽しめる限定メニューが作成されましたsports
Img353

価格は800~1,500円以内。
6月の1ヶ月間の販売数量を競います。

第2弾では3駅以上制覇してくださった方に抽選で素敵なプレゼントもご用意!
開催を楽しみにお待ちくださいsmile

チラシのダウンロードはこちらから

スタッフKでした。

2010年5月12日 (水)

「にかほ※ごちそうくらぶ」が開催されます♪

にかほ市の旬の食材・・・って、最近は地元の人でもよくわからないって人が多くなったような気がします。

にかほ市は山あり海あり!旬の食材が豊富で、四季折々受け継がれてきた「食」が食卓に並びます。

そんな にかほの食材を見つめなおし、いかに素晴らしいところに住んでいるのか再認識してみるのもいいのでは??

家族が毎日食べるもの・・・家族の健康や食文化を大切にしていきたいものですね♪

仁賀保公民館で計10回にわたり、「にかほ※ごちそうくらぶ」が開催されます。

この機会に皆様も是非参加してみてくださいね~wink「gotisou.pdf」をダウンロード

記念にいかが?鳥海山ピンバッチ!

矢島町からこんにちは。

以前からご要望がありました鳥海山のピンバッチが完成いたしましたshine

O0365025810536810862 坊がデザイン案をだしましたこのピンバッチ。

鳥海山に可愛らしくチョウカイフスマが咲くイメージにしてみましたhappy01

鳥海山5合目、祓川ヒュッテにて300円販売中です。

大きさは、こんな感じです↓

Te横約3㎝、縦約1.5cmと小ぶりになります。

鳥海山にお越しの際、記念にいかがでしょうか?

☆坊☆

矢島観光サポーターブログ←矢島の情報更新中wink

2010年5月11日 (火)

象潟道の駅にある美味しいラーメン屋さん

象潟道の駅ねむの丘の直売所スペースにある美味しいラーメン屋さんが
みや蔵だ。今回は、「みや蔵中華」(600円)を食してみましたnoodle

Photo

味は、魚介系の出汁と鶏油をブレンドしたスープが、麺に絡み、最後の一滴の
スープまで楽しめる味になっています。
他にも、海藻ラーメンや冷たいラーメンなど提供しており、これからの暑い日には
最高です。
是非、象潟に来ることがありましたら、お立ち寄り下さい。

みや蔵 
TEL:0184-43-4510
住所:にかほ市象潟町大塩越36-1 道の駅物産センター


ラーメン・リーでした。

本日のあがりこ大王

あがりこ大王(にかほ市象潟町)に行ってまいりました。

新緑の黄緑色を好む筆者としては、道中もブナ林に囲まれ、気分良くずんずん歩いて行きます。
そして現地に着いて圧倒されました。

3

この存在感。左下に遠く人物が入っており大きさの参考に。森の巨人たち100選(2000年、林野庁)に選ばれたというのも納得です。

先人がブナを伐採した跡がコブ状になり芽生え、新たな幹になったとの説があるそうです。生命力の強さを感じずにいられませんでした。
あがりこ大王の詳細はこちらをご覧ください(あきた観光総合ガイド)

堪能しての帰り道、ほかにも様々な幹の形をしたブナを見ることができました。
筆者が勝手に命名いたしますと、
4_2
まがりこ大王

5 
岩抱っこ大王(岩をまたいで根を張っているように見えます)

木道が整備され、ゴミのひとつも落ちておらず気持ち良く散策できました。

以上 かつて山男でした。

やっぱり出羽の富士

いつもの通勤路、国道105号を旧大内町方向から旧本荘市街地で見る鳥海山。やっぱりきれいです。出羽の富士と呼ばれるのも納得。

記者個人にとってはあまりにも日常的な風景ですが、季節、気象の状況によって、あらためて感動する姿に出くわします。この地域に住んでいてよかったと思う瞬間です。

日本海沿岸東北自動車道からも絶景が臨めます。

例えば、

※日沿道本荘IC→国道108号→南由利原青少年旅行村→花立牧場公園→フォレスタ鳥海→法体の滝・玉田渓谷→釜が台経由→土田牧場→ひばり荘→道の駅「ねむの丘」→国道7号(日本海夕日ライン)

 こんなドライブコースはいかがでしょう。一日いろんな姿の鳥海山が眺められます。

Dsc00219_2

もちろんお土産には、地元の清酒「出羽の富士」を。

(株)佐藤酒造店 TEL 0184-55-3010 http://www.dewanofuji.co.jp/


「純米吟醸鳥海山」もありますよ~

天寿酒造(株)  TEL 0184-55-3165 http://www.tenju.co.jp/index.html


最近日焼けした i-kuro でした。

2010年5月 8日 (土)

雨の法体の滝

近くを車で走っていたら、天気雨。これはもしかして虹のかかった法体の滝が見られるのでは?と思い、行ってまいりました。
Img_0530
はい、着いたら天気雨は雨に変わっており、虹は見られず。自然はそうそう思うとおりになってくれませんね。
増水した滝はすごい迫力で、思わず動画も撮影しました。お勧めしませんがよろしければ...(youtube)
いつものキレイな滝の姿は、このあたりでご覧ください(由利本荘市)

かつて山男でした。

2010年5月 5日 (水)

中島台の森 10.5.05

  ごぶさたです

雪の残る中マンサクの花をみてから、しばらくぶりに森に入ったら、すっかり春の景色に

変っていて、花の種類が増えていました。

これからは、木の芽吹きと小鳥のさえずりで、にぎやかになります。

下の写真は順に、キブシ、エンレイソウ、ヤマザクラ、ブナとコブシです。

                              Yosiji 

Sp1010326

Sp1010332

Sp1010345

Sp1010338

2010年5月 4日 (火)

イベントいっぱい!鳥海高原「桃野」菜の花まつり

ゴールデンウィークも終盤になり、次の楽しみを探していたら、ありましたありました。
鳥海高原「桃野」菜の花まつり
筆者出身の山形県庄内地方でも菜の花イベントはありますが、桃野のすごさはイベント盛りだくさんなところ。
Momono
BDF※の作製や菜種油しぼりといったエコな体験ができて、BDFで動くトラクター、ポニーも熱気球も来る!
菜の花が前景、鳥海山が背景になる風景とあいまって、とても良さそうなんです。
5月21日、22日は矢島町で過ごそうと思っています。

詳しくはこちらをご覧ください。鳥海高原「桃野」菜の花まつり(NPO法人あきた菜の花ネットワーク)

※BDF:バイオディーゼルの略語。生物由来の油から作られるディーゼルエンジン用燃料を指し、石油に替わる燃料として注目されています。

かつて山男でした。

2010年5月 1日 (土)

幻の三色団子

何度か数人の方から「おいしいよ」と教えられてはいたのですが、なかなか買いに行く機会がなかった、三色団子。
もしかしてこのブログでも紹介されていたかな、と調べてみましたが意外な事に、まだのようです。
一口食べて、虜になってしまいました。
ところが、今日お店の方にお聞きしたところによると、これが味わえるのは、3月から今月中旬くらいまで、しかも連休中は作らない、とおっしゃるのです。


本当に幻の団子ですね。
行っても売り切れていることも多い、とも聞いていましたが、電話予約するといいようです。
1本¥110で、5または10本単位でお店には並んでいますが、予約すれば本数の調整もできるそうです。

松月堂菓子舖 中堅町45 電話 22-3095


Top


Dsc00821


Dsc00822

提供: SAKU

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ