« 由利地域の湧水スポットへいってきました | トップページ | 道の駅「ねむの丘」深夜営業のお知らせ »

2012年8月24日 (金)

赤田の大仏祭り

8月22日は、赤田の大仏祭りでしたhappy01

わたしの育った地域には目立って大きなお祭りがなく

今まで、お祭りになかなか縁がなかったのですが・・・

赤田の大仏祭りを見て、感激shineshine 感動いたしましたsign01

簡単ですが、このお祭りをご紹介させていただきますpaper

Img_9183 ←お祭りが始まる直前の長谷寺入り口前





























赤田の大仏祭りとは、毎年8月21日に長谷寺(ちょうこくじ)から赤田神明社にご神体を移し、

22日に神輿にのせ、獅子舞や地域の民俗芸能などの行列とともに、

長谷寺へ返納、安置する・・・という全国的にも珍しい神仏混交の祭典です。

200年以上の歴史があり、毎年かかさず行われてきたそうですsign01

平日土日も、雨の日rainも晴れの日sunも、かかさずですsign03

現在、お祭りとしては22日の1日だけ行われているそうですが、

この2日目の神社から寺へ返納する大行列が本当にすばらしいshine

069 ←子ども達のたたく太鼓に合わせて行列が動きます。













099_2 ←ご神体を運ぶ御輿。
















160

←無礼講が許されているお面を付けた舞。
「よいしょ。よいしょ。」「がんばれ。がんばれ。」の掛け声で
手足を振り上げピョンピョン舞います。














102_2 ←リズミカルなお囃子。

















119 ←獅子舞。





























169_3 ←小学6年生の見事な舞。
勇壮でかっこよかった~。
















131_2 ←こちらも獅子舞。笛の音が頭から離れません。














いくつもの集落それぞれに伝わった舞を披露し、

練り歩く行列は200人超にもなりますfull

同じ舞はふたつとありません。

当日は13時頃から準備が始まり、13時半から約1時間半掛けて、大行列を見ることができます。

Img_9189

頭が垂れ始めた稲の田園風景。

そこに架かる朱い橋を練り歩く様子は、風情たっぷりconfident

たくさんの写真家の姿も目に付きました。

 

お祭りを通して、伝統を守り続ける村の人たちの想いが、感動となって伝わってきます。


また、来年もかかさず行われるお祭りなので、

ぜひ一度ご覧になってみてくださいhappy01

【赤田の大仏祭り】
毎年8月22日午後~
場所:赤田の大仏・長谷寺の地図

【問合せ先情報】
総務部 総務課 北内越(きたうてつ)出張所
電話 0184-22-0319 / FAX 0184-27-1010
kitautetsu@city.yurihonjo.akita.jp

なつきち(○゚ε゚○)

« 由利地域の湧水スポットへいってきました | トップページ | 道の駅「ねむの丘」深夜営業のお知らせ »

イベント・お祭り情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/46798295

この記事へのトラックバック一覧です: 赤田の大仏祭り:

« 由利地域の湧水スポットへいってきました | トップページ | 道の駅「ねむの丘」深夜営業のお知らせ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ