« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

初夏

P1090344_640x480


P1090347_640x480


P1090371_640x480


P1090384_640x480


暑い日が続きます、季節が初夏へと移ってウツギやレンゲの花が目立ってきました。

ホウバの大きな葉が空いっぱいに広がり、ヘナソ川の水しぶきの音が聞こえてきそうです。

                2014.5.30 yosiji

明日は「鳥海高原菜の花まつり」

暖かい日が続きますね?

天気も良いし、どこかに出かけたい気分になりませんか?

それならうってつけの場所がありますscissors

それは。。。って、タイトルで分かっちゃってますよね?(=´Д`=)ゞ

そう!「鳥海高原 菜の花まつり」です!!

先日近くを通ったので、また状況を確認に行った所、

Img_7754

まだまだ満開ですΣ(゚□゚(゚□゚*)

天気がいいとこんなに気持ちいい風景が待っています。

Img_7757

そして菜の花畑の中に、通路が出来ていましたw(゚o゚)w

これは行くしかないですね?

明日、明後日のイベントでは、地元の方や学生さん、そして菜の花と鳥海山が皆様のお越しをお待ちしておりますので、是非遊びに来てください。

ユンビンでしたo(_ _)oペコッ

2014年5月27日 (火)

今週末は「第5回 鳥海高原菜の花まつり」

雨が降ったり、気温が急に上がったり、皆さん体調管理は万全ですか?

今週末には、待ちに待った「鳥海高原菜の花まつり」が開催されます。

第5回を数える菜の花まつりは、地元の方々はもちろんの事、市外、県外から多くの方々が訪れる程のお祭りになりました。

今年は5月31日土曜日と6月1日の日曜日にお祭りが開催され、様々な催し物が行われる予定です。

「菜の花まつり」が終わった6月2日以降も、同週の金曜日6月6日まで解放される予定です。

今回は、今週末に迫った「菜の花まつり」のメーンである、「菜の花」の開花状況を確認しに行って参りました。

1

写真は6月27日時点となり、天気が少し優れなかったので折角の鳥海山もぼやっとしてしまっ ていますが、菜の花は満開です。

3

天候は優れませんでしたが、菜の花の黄色い色が眩しい位でしたshine

4

会場までマイカーをご利用の場合は、主要箇所に案内看板が設置されていますので、お見逃し無く。
また、メーン(桃野)会場に駐車場が準備されています。

【問合せ】

菜の花まつり実行委員会事務局

〒015-0824 秋田県由利本荘市古雪町3 株式会社HOLIDAY 2階
TEL 0184-44-8625

http://www.yurihonjo-kanko.jp/special/hanameguri/nanohana.html

ユンビンでしたヽ(´▽`)/

2014年5月26日 (月)

“赤田の大滝”です。

由利本荘市赤田地区の奥にある赤田の大滝

林道脇の入口には、案内標識があります。

2_2 

整備された歩道を降りていきます。

3_2

歩いて5分もしないうちに、沢へ到着。

せせらぎに耳を傾けながら、一休みできる立派な四阿やベンチがありました。

4_2

祠も。

5_4

奥に、お目当ての赤田の大滝

この日はあいにくの曇り空で、新緑も滝も霞んで見えました。

6_2

林道入口手前には、案内板も設置されていて、

東光山や登山コースなど分かりやすく説明されています。

1_4

以下案内板より。

由利本荘市北内越地区の東にそびえる東光山は、古くから信仰の山として親しまれてきた、歴史のある名山です。東光山をはじめとする五つの峰(傾山、黒森山、笹森山、東光山、仏洞山)は、赤田の五宝山と呼ばれ、1785年(天明7年)に赤田の閑居様(是山和尚)が開いた山です。毎年9月1日には、三十三観音の霊場巡礼が行われ、多くの人々がここを訪れます。

2014年5月23日 (金)

ホルモン名物大盛食堂“いときん”

いときん。

ホルモン名物大盛食堂。

由利本荘市は中田代板井沢にあります。(→旧大内町)

本日、昼食をとってきました。

下の写真から行くと、手前が精肉店、奥が食堂。
精肉店では、味付ホルモンや焼き肉セットが購入できます。

Photo

食堂正面のようす。情緒たっぷりです。

Photo_2

食堂内お品書き。リーズナブルな品々に驚かされます。

Photo_3

今日頼んだのは、ホルモン定食800円。

半端ないご飯の量!

Photo_6

ホルモン鍋アップ。

味の染みたタマネギの中に、プリプリのホルモンが隠れてます。

Photo_7

向かいの人は、カツ丼味噌汁付き700円。

Photo_8

カツ丼アップ。はみ出すカツを押さえて、どう食うのか???

カツの厚さも半端ない!

Photo_9

ここ1~2ヶ月で一番満腹になりました。

ごちそうさまでした。旨かったです。

皆さん、お腹ぺこぺこになった時は、いや。

お腹を減らして行きましょう!

空腹の味方“いときん”へ!

by(sou)

2014年5月22日 (木)

隠れスポット“福田の泉”

福田の泉(ふくでんのいずみ)。

象潟川袋地区の旧道崖下から湧き出る鳥海山の伏流水。

山から地中を伝い、ようやく湧き出たかと思えば数メートルも行くと、海へ流れ出ちゃう。

付近の集落から離れているため利用されないまま、唯々流れている。

ある秋田県のおいしい水ランキングでは3位になっている。

何か粋じゃないすか。

行ってみるしかない。

象潟町川袋地区の7号線から海側に降りていくと、旧道に出る。

そこから、さらに砂利道を海側へ降りていく。

辺りには、案内表示などないが、どうやら矢印の方向へ進むらしい。 

1_10

微かな踏み跡を辿っていく。

2_7

すると、藪に飲み込まれそうなお堂発見!

その脇には、案内板とせせらぎが。

3_5

『福田の泉』着。

4_5

湧水は、崖の基部からコンコンと。

6

流れ出るせせらぎの周りには、野生のクレソンがわんさか。

その場でちぎって食べると、何とも言えない野性味があります。美味!

5

せせらぎの流れゆく先は数mで日本海。

7

案内板。レトロ感がいいですね。

8

そのまま浜に降りていく。

91

すると、地元の方でしょうか。

磯でモズクを採ってらっしゃいました。

何でも漁師が沖でモズクを採った残りが、浜に流れ着くのだとか。

少し前には、アオサも採れていたとか。

10

伏流水仕込みのモズクのアップ。

ジャキジャキとした歯応えがたまらないとのこと。

11

のどかな浜の静かな風景の中に、福田の泉はありました。

このわかりにくさがイイ。
自然のままそっとあるのがイイ。

俗にいう観光地ではないスポット“福田の泉”。
訪れてみてはいかがでしょうか。

by(sou)

2014年5月21日 (水)

栗山池公園の花

鳥海山の麓、象潟の栗山池公園

20日(火)のようすをアップします。

鳥海山の綺麗な水が流れ込む池の周りに、つつじが咲いてました。

1_9

2_6

3_4

4_4

この分だと、元滝のつつじも今が見ごろかもしれません。

天気の良い日に訪れたいですねsun

by(sou)

銘酒“百竈(ひゃくかまど)”

百竈。

ひゃくかまど”と呼びます。

由利地域の営農集団「百竈」が、酒米作りにこだわるだけじゃなく、自分たちで酒も造ってみようという遊び心がキッカケで、誕生したお酒。

今年使用した酒米は、「秋田酒こまち」と、北限の「山田錦」。
醸したのは、「雪の茅舎」の齋彌酒造。

銘酒『雪の茅舎』の由利地域限定版、とでもいいましょうか。

この百竈をいろいろな人に飲んでもらおうと“由利の明日を日本酒に聞く集い”が平成12年から、開催されているそうです。

P5190125

冷えた状態で試したところ、
同じ純米吟醸でも、雪ボーよりやや辛口の印象がありました。
香りは控えめに、飲み終わりがキリっとしまる酒。

油の多い肉料理でも、サッパリ洗い流してくれそうです。

由利地域の酒屋やコンビニでお求めいただけます。

本家の雪ボーとの飲み比べも楽しそうですねヽ(´▽`)/japaneseteajapaneseteajapanesetea

by(sou)

“つつじまつり”in本荘公園

本荘公園では、つつじまつりの真っ最中。

先週日曜日は、天気が今ひとつでしたが、静かに散策できました。

Photo_10

公園内の至る所に咲き誇るつつじ。

Photo_11

Photo_13

この日は、曇り空で肌寒く少し湿気があっただけに、艶っぽいつつじが楽しめました。

Photo_15

Photo_16

Photo_19

公園の一角には、齋藤彌太郎翁像も。

Photo_20

銘酒『雪の茅舎』『由利正宗』で知られる齋彌酒造創業者であり、旧本本荘町長でもあった翁。
何とこの本荘公園の救世主とか。
詳しくは下記URを参照ください。
http://www.city.yurihonjo.akita.jp/www/contents/1266451141762/html/common/4fdeddbf039.html

つつじは個体差にばらつきがあるのか、蕾から満開、終わりかけ状態のものまでありました。

なので、この先もまだまだ楽しめそうですよ!

ちょいとしたお散歩にぜひご利用ください!

by(sou)

2014年5月20日 (火)

もういっちょ!鳥海山

もういっちょ、快晴sun鳥海山いきます!
お付き合いくださいませヽ(´▽`)/

にかほ高原は冬師近辺からのカット。逆さ鳥海

田んぼに水を入れていたのと、そよ風とで少し波立ってました・・・1_2

2

次も、にかほ高原の別なとこで撮ったカット。

足下ではワラビ祭り。

3_2

4_2

最後に、象潟の大須郷地区から。

稲倉岳が際だって見えます。

5_2

6_2

見る角度によって、いろいろな表情を見せてくれますね。

ビバ鳥海!(◎´∀`)ノ

by(sou)

鳥海山と花々

五月晴れの鳥海山です。

Photo_9
象潟より

Photo_6
仁賀保より

これからの時期、高原部に向かう道路のそこかしこに見ることのできる花「タニウツギ」。
縁起の悪い花として嫌われていたりもしますが、じっくり見てみるとなかなか美しい花だと思います。
まだまだ咲き始めたばかりですが、この花を見ると季節が春から夏へと動き出していることが感じられます。
Photo_7
タニウツギ

こちらは「レンゲツツジ」。この花も、高原部ではこれから盛りを迎えます。
Photo_8
レンゲツツジ

7days wrote

2014年5月16日 (金)

本荘すみれ会押花絵展覧会inカダーレ

今日は雨も風も強くて、お出かけには向かない日でしたね?

週末の土曜日も天気は優れないようで。。。

そんな時に楽しめるイベントを発見しました。

本日は由利本荘市文化交流館カダーレにて行われている「本荘すみれ会押花絵展覧会」を見学してきました。

Img_7625

雨の日も楽しめる施設は???

と、カダーレに伺った所、遭遇したのがこの展覧会。

本荘すみれ会の会員の皆様の作品が多数展示されていました。

まず会場に入って目に入ったのが???

Img_7627

幼稚園児達の作品です。

正直、幼稚園児の作品はちゃんと押花絵になっているのか疑問でしたが。。。

Img_7628

とってもお上手!!

Img_7629

こちらもステキな作品ヽ(*≧ε≦*)φ

ん?

「おかあさん、ありがとう!」とか「だいすきだよ ママ!」と言ったコメントは何だろう???

「母の日」のプレゼントなんですねheart02

こんな可愛くてステキなプレゼントが送られるお母さん達が羨ましい!!

Img_7630

そして園児達の作品はこんなに沢山ありました。

また、今月末5/31と6/1に行われる「菜の花まつり」に先駆けて?こんな作品も

Img_7633

青く澄み切った空と、残雪の鳥海山、また黄色い菜の花のコントラストが見事ですね?

中にはこんな大作も!!

Img_7636

「スゴイ!!」の一言。

Img_7641

体験コーナーもあるようです。

お子様連れでも楽しめるようになっているんですね。

5/16(金)から5/18(日)までの短い期間ですが、会員の皆様の色んな想いがつまった作品が沢山展示されておりますので、是非足を運んでみてください。

Img_7640

(展覧会の様子)

Img_7639

愛を込めて花束を、ユンビンでしたヾ(´ε`*)ゝ

こんな日はカダーレへ・・・

こんな嵐の日は、由利本荘市文化交流館カダーレへ。

羽後本荘駅前にある近未来ポリス風建物。

Photo

Photo_2

中はこんなカンジ♪

Photo_3

Photo_4

中央図書館も入ってます。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

空間スペースがあり、勉強するにはいい環境♪

Photo_8

食事処も地元名産品ショップもあります。

Photo_9

つづく・・・

しっとり笹子の名水

由利本荘市鳥海の笹子地区

ササコでなくてジネゴと読む。
地名ってのはおもしろいですね。

さて、そんな笹子の国道108号線脇に、『笹子の名水』があります。

1

シェルター状の中は独特の雰囲気があります(涼)。

2

3

笹子の名水は、雑味がなく東由利のボツメキに比べ少しカタく感じました。

ここは、好みが分かれるところかもしれません。

ぜひ、飲み比べてはいかがでしょうか?

迫力満点の法体の滝!

鳥海山麓は観光シーズンを迎えております。

鳥海山と言えば、「法体の滝(ほったいのたき)」。

雪解け水がど迫力で滝を流れ落ちていました。

P5150077

この法体の滝は、鳥海山の雪解け水が流れ落ちる滝なのですが、不思議なことに鳥海山に向かって水が流れ落ちる滝となっております。

P5150079

赤い吊り橋と法体の滝

P5150081

周辺には雪が残っていますが、今は八重桜やソメイヨシノも咲いていました。

P5150084

携帯電話の普及により、最近では公衆電話も見ることがなくなりましたが、ピンクの電話が健在でした。

鳥海山麓はまだ肌寒い位ですが、迫力満点に水が流れ落ちる法体の滝を見に是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

ユンビンでしたヘ(゚∀゚ヘ)

2014年5月13日 (火)

元滝伏流水

元滝のツツジの様子を見に行きました。

つぼみを見ますと、例年より開花が早まりそうな気がします。

来週には開きそうで見ごろになるのではと思われます。

  

 

  

  

  新緑に滝の白さが美しい      yosiji

知る人ぞ知る!?秘境、石沢大滝

「黄桜まつり」の帰り道、「石沢大滝」に寄ってきましたΣ(゚д゚;)

Img_4070

傾いた看板に少し不安を覚えますが、滝を目指しますι(´Д`υ)アセアセ

Img_4071_2

滝からの水が流れてきています。

Img_4072

新緑の木々も気持ちがよいです。

Img_4074

赤い橋がいくつか架かっていました。

何とも可愛い感じです。

Img_4081

岩場の間を通ったり、入口から500m程ですが、結構歩きます(;д;)

Img_4084

そしてついに「石沢大滝」に到着(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_4086

想像以上に迫力満点です。
滝に近寄ることも出来ますが、湿気と苔で足下が滑るので危険です。
長靴を準備するなどした方が良いと思われます。

新緑の今時期も良いですが、夏場の暑さを忘れる為の避暑スポットとしても良いかも知れません。

ユンビンでしたヽ(´▽`)/

見頃を迎えた黄桜まつり

東由利地区で開催されている「黄桜まつり」

鳥海山麓周辺はソメイヨシノが終わってしまったので、黄桜を求めて足を運んでみました。

Img_4059

手前右が黄桜、手前左が八重桜、右奥にソメイヨシノが並ぶ、貴重な場所を発見しました。

Img_4060 黄桜
Img_4061 八重桜
Img_4063ソメイヨシノ

3種の桜が同時期に咲き誇るのは、やしおパークゴルフ場ならではではないでしょうか?

Img_4064

そしてパークゴルフコース脇には桜たちが並びます。

Img_4067

八重桜のピンクが濃くて色鮮やかですが、黄桜、ソメイヨシノとのコントラストが素晴らしい、やしおパークゴルフ場、やしおダムに是非足を運んでみてはいかがでしょうか?


ユンビンでした(=゚ω゚)ノ

2014年5月11日 (日)

柔らかい春の陽を浴びて

   キクザキイチゲ

  ムラサキヤシオ

  キスミレ

  木の向こうに鳥海山

  新緑のブナの森

 

  だんだんと緑が濃くなる中島台の森です。

  yosiji

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ