« ディープな大内探訪・・・その③『加田喜沼湿原』 | トップページ | 大仏はデカいよ »

2014年6月11日 (水)

秘境の地酒屋・・・『まるひろ酒店』

名だたる地酒を扱っているお店が鳥海地区にあるという。

鳥海地区といえば、鳥海山麓の内陸奥地で、緑豊かな山村といったイメージ。

そんなのどかな鳥海と気鋭の地酒屋さんとのコントラスト・・・・・うーむ結びつかない。

こりゃいってみるしかないsign01

興味津々で108号線から鳥海支所方面へ旧道を南下すると、

お酒のノボリが賑やか立っているお店を発見しました。

秘境の地酒屋『まるひろ酒店』。

1_2

お店正面からパシャッ。

2

中に入ると、リーチインクーラーにずらりと並んだ地酒の数々。

秋田の名だたる地酒のほかに、何と県外酒もsign03

青森の『陸奥八仙』、宮城の『阿部勘』、三重の『作』など・・。

思わずニンマリしてしまいます。

自然にテンションが上がってくるのが分かります。

3

お店には、「まるひろ酒店」店主の佐藤亘さん。

一つ銘柄を指してお話をうかがうと、お酒や蔵元の真面目な話やらオモシロウラ話が次から次へと溢れてきます。

お酒はもちろんのこと、蔵元との関係性を大切しているのが、お話の端々から感じました。

4_2

店頭には、○万円するという『ちろり(酒燗セット)』が・・・

5

何でも、ご近所の方や友人が、お店で買ったお酒をその場で燗つけて飲むらしい。

ふらーっとやってきて、一杯ひっかけて、ふらーっと立ち去る。

どこかで飲んできた後、またふらーっと戻ってきて、キュッとひっかけて帰っていく。

それが旨い酒ばかりですもん、文句なしですよね。

つまみも店内で購入できますし。

冷えたワインもありましたし。

また、酒屋が酒屋だけでなく、お酒を介して人が寄り集う場という側面も。

いつぞやは見ず知らずの人どうしでその場で商談が決まったこともあったとか・・・。

私も近所だったらなー、とそんな文化?環境?を羨ましく思いました。

鳥海方面へ行った際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうかsign02

オススメです。

by(sou)

« ディープな大内探訪・・・その③『加田喜沼湿原』 | トップページ | 大仏はデカいよ »

お店紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083575/56468124

この記事へのトラックバック一覧です: 秘境の地酒屋・・・『まるひろ酒店』:

« ディープな大内探訪・・・その③『加田喜沼湿原』 | トップページ | 大仏はデカいよ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ