« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

夏の終わりに

朝晩冷え込みを感じてきました。

いつもの森を訪ねてみましたが、秋にはまだ早いブナの森です。

  朝日をいっぱい浴び輝きを増すブナノキ(鳥越えの森)

P1100034_640x480

 

  小さな小川も白い滝をつくり流れを止みません

P1100035_640x480

  県道沿いのススキの穂がやっと出てきました

P1100042_640x480

 仲間から出遅れたギンリョウソウでしょうか、ようやく地面に顔を出してくれました

P1100046_640x480

   まだまだ涼しげな水の流れです。(ヘナソ川)

P1100055_640x480

  9月の空は行き会いの空といいますが、夏の空が居座っているようです

 

                           yosiji













2014年8月26日 (火)

鳥海山シートゥーサミットへ向けて

まるっと鳥海観光応援倶楽部から、「鳥海山シートゥーサミット」に向けた練習風景についてお伝えします。

8月24日登山練習を行ったのは昨年チーム別タイムでトップタイムをたたき出した当倶楽部所属の某チームです(バレバレですかね)happy02

 Img_9754_2

 当日は天候に恵まれ、非常に有意義な登山になったようです。

 (ただし、その後筋肉痛に苛まされたことは秘密ですcrying)

 

 写真位置は山頂付近で、当日のゴール予定地です。

バックに広がる青空がすがすがしいですね~

 このようなロケーションのなかでできる大会って素晴らしいですね。

 

 大会に関わらず、皆さんも一度経験されてはいかがでしょうかsign03

 というのはいかがでしょうか。鳥海山ろくには温泉も沢山ありますよhappy01

 本番まであと半月ですが倶楽部の会員は大会に向けて時間を惜しんで練習を行っております。皆さんも是非応援ください。

 鳥海山は最近は天候が思わしくない日が多いですが、当日はこのような天候になることを祈っております。

by maru

 「鳥海山に登って、帰りには温泉sign01

2014年8月22日 (金)

第13回「鳥海山グルッと一周MTBサイクリング」について

10月12日(日)に「第13回 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング」が鳥海山を舞台に開催されます。

鳥海山をグルッと一周する壮大なサイクリングレースで毎年多くの方が参加する一大イベントですgood

参加申込み期限が8月31日(日)となっていますので、参加を希望される方、興味のある方は急いで「にかほ市スポーツイベント開催実行委員会」のホームページにアクセスしましょう。

アクセス先は「http://www.nikaho-kanko.jp/mtb/」ですsign01

Mtb

このポスターは昨年のものですが、仁賀保高校の学生さんがデザインされているんですよ。

今年はどんなポスターが出来上がってくるのか楽しみですね。

by riosumi

2014年8月20日 (水)

鳥海山シー・トゥ・サミットへ今年も参加

久しぶりの「まるっと鳥海観光応援倶楽部」ですsign03

今年も我が倶楽部は「鳥海山シー・トゥ・サミット」にエントリーしました。

昨年同様、地元由利地域の多彩なメンバーで参加することとなり、

なんと今年は8チーム総勢24名の大所帯での参加となります。

メンバーの所属先をちょっと紹介しますと、「由利本荘市」、「にかほ市」、「秋田銀行」、

「県立秋田大学本荘キャンパス」、「由利地域振興局」等々と、まさに産官学が一体と

なったやる気まんまんのチームですhappy01

昨年は見事全チーム完走できました。(タイムは自慢になってしまうので内緒にしておきますcatface

今年も先ずは完走を目指してがんばりますgood

昨年同様、当倶楽部からも鳥海山麓の魅力を投稿していきたいと思いますので、

みなさん応援をよろしくお願いします。

Photo_2 

by maru

2014年8月13日 (水)

エント?

  • 由利地域には、にかほ市の「あがりこ大王」をはじめとした見ごたえのある巨木がたくさん存在します。

    先日、由利本荘市の鳥海地域から東由利地域にかけて巨木巡りのドライブをしてきましたので紹介します。

    まずは鳥海地域の「千本カツラ」に会いに。

    看板に従って進んでいくのですが・・・

    Img_0053

    道が狭い!(;;;´Д`) ・・・間違えていないか少々不安になることも。

    Img_0051

    どうやら合っていたようです ( ̄▽ ̄)

    Img_0041

    車を降りて少し歩くと

    Img_0042_2

    到着!

    Img_0045

    Img_0043_2 

    秋田県指定の天然記念物なのでした。

    Img_0048_2

    折れないように支えられているところもありますね。

    Img_0047

    この時は曇り空でしたが、ここから見る景色も一見の価値がありそうです。

    Img_0049

    鳥海地域から矢島地域へ入り、そこから山越えの県道32号で東由利地域へ向かいます。


    山道らしからぬ広々とした道路を快適に走っていると

    Img_0061_2

    途中から山道らしい道路になりました ( ̄Д ̄;;

    Img_0064

    峠を越えて東由利地域に入り、次は「ボツメキ湧水」の近くにある「石抱きのなら」を目指します。


    こちらはボツメキ湧水。

    Img_0083

    冷たくきれいな水が滾々と湧き出しています。


    車道脇に看板を発見!

    Img_0089

    車から降りて、きれいに整備された森の小径を少しだけ歩くと・・・

    Img_0091

    見えてきました。

    Img_0092

    すっかり木と石が一体化しています。画面中央から下が石のようです。

    Img_0093


    次に向かったのが同じく東由利地域の「岩館のイチョウ」です。


    こちらも秋田県天然記念物ですね。

    Img_0096

    神社の裏手にあるようなので、トウモロコシ畑の間をずんずん進んでいきます。

    Img_0097

    Img_0098

    Img_0099

    ありました!

    Img_0100

    Img_0101

    近くで見るとすごい迫力です w(゚o゚)w

    Img_0103

    そして不思議な瘤がたくさん付いています。

    Img_0107

    全景を入れようと少し離れてみたのですが、全く入りません。

    Img_0106

    さらにどんどん離れていって、やっと画面に収まりました。これが1本の木なのですからすごい!

    Img_0105

    そして次に、同じく東由利地域にある「法内の八本杉」へ向かいます。

    Img_0114_2

    山あいののどかでちょっと細い道を進んでいくと

    Img_0118

    見つけました。

    Img_0120

    この「法内の八本杉」は、「あがりこ大王」と同じく「森の巨人たち100選」に認定されているようです。

    Img_0122

    目的の八本杉までは、車を降りて山道を300mほど進みます。

    Img_0124_2

    途中の道は少し上りがキツいですが、歩きやすいように整備されています。

    Img_0125

    汗を拭き拭き階段を上っていきますと・・・見えました!

    Img_0127

    その姿はまさに巨人! ヾ(*゚A`)ノ

    Img_0132

    長い年月を生きてきた森の巨人は、話しかけると応えを返してくれそうな不思議な雰囲気があります。

    Img_0135

    春夏秋冬、それぞれ違う顔を見せてくれそうですので、また季節を変えて会いに行きたいと思います (*^.^*)


    7days wrote

2014年8月11日 (月)

ひまわりが満開です!

台風11号の影響で、雨の日が続いてますね。夏なのにブルーな気分になりそうですが、皆さんに朗報です!

東由利地域で園児等によって、6月にひまわりの種まきを行いましたが、そのひまわり畑が順調に開花し、現在満開です!

このひまわり畑は、地元有志団体「ひがしゆり花めぐり実行委員会」が、来訪者を花により温かく迎えることを目的として企画したもので、今年初の事業。

【道の駅「東由利」付近(約12a)】と【「八塩いこいの森」パークゴルフ場】付近(約21a)で鑑賞することができます。

明日12日からは、お天気も序々に回復してくる予報となっているようですので、行楽の際は、ひまわり畑にもぜひお立ち寄りください。

【▼道の駅「東由利」周辺の様子】

Dscf7034Dscf7035


【▼八塩いこいの森パークゴルフ場付近の様子】

Dscf7054Dscf7055


2014年8月 5日 (火)

蝉しぐれと法体の滝

30℃を超える暑さに、涼を求めて法体の滝へ。元気な蝉の鳴き声に迎えられました。

09

映画「釣りキチ三平」の舞台となった法体の滝。

19

「日本の滝百選」にも名を連ねる名瀑です。

滝に近づくと、滝壺からの水分を含んだ風がひんやりといい気持ち。

02_3

光の加減で虹が見えることもあり、じっと眺めていると時を忘れそうです。

03_4

ちなみに下の写真は雨が降った翌日に撮影したもの。それほど激しい雨ではなかったのですが、迫力5割増しといった感じです。

15

大雨の翌日などは全く別の滝になりますので、機会がありましたらぜひ見に行ってください。

川の水が多いときは、危ないですのであまり近づかないでくださいね。それでも怖いくらいの迫力を感じることができます。

12 

普段は濁りのない透明な水であるため、川底までくっきりと見えます。

05_2

06_2

また、滝の手前は広い原っぱになっていて解放感抜群です。

08

トイレや炊事場も完備されていて、キャンプをするにももってこいです。使用料もかかりません。

10

すぐ近くに「レストハウスすえひろ」がありますので、食材を忘れたり天気が急変したりしたときはとても頼りになります。

20

晴れた日には、澄んだ空気のおかげで満天の星が楽しめます。

くっきりとした夏の大三角形を観察し、流星群に感動し、たくさんの夏の思い出を持ち帰ってくださいね。

7days wrote

2014年8月 1日 (金)

百合の花咲く鳥海高原

今の時期、鳥海高原ではヤマユリの白い花がそこかしこに見られます。

04

05

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」とは、美しい女性の容姿を形容する言葉ですが、高原の涼風にゆらゆらと揺れる百合の花を見ますと、なるほどと納得します。

02

花の直径が10cmを超えるものも多く、可憐であると同時に非常に華やかでもあります。
花に近づくと、強い芳香が感じられます。

01

1本に花束のようにたくさん花をつけているものもあります。

06

蕾もたくさんありましたので、今後しばらくは主役の座に留まりそうです。

03

ヤマユリの他にも、オニユリやウバユリが咲いていました。

01_2

01_3

ウバユリは蕾のほうが多いようでしたので、本番はこれからでしょうか。

04_2


05

03_2

鳥海高原にはいくつか立ち寄りスポットがありますが、その中の一つ、南由利原の「サイクリングターミナルやまゆり」は、ドライブの休憩にもってこいの施設です。

01_4

その名の通り、駐車場の周囲などにはたくさんの百合の花が植えられています。

02_2

03_3

夏の休日に、鳥海高原へ爽やかな風を感じるドライブはいかがでしょうか。

7days wrote

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ