« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月26日 (金)

ツルツルヌルヌル美肌の湯 かすみ温泉♪

かすみ温泉spaspaspa

由利本荘市葛岡の国道105号線から約3km南へ入った山あいにある一軒宿です。

由利地域では珍しい硫黄臭のするお湯で、温泉マニアにはたまらないという噂。

何でも循環式なのに源泉に塩素が入ってるため、消毒用の塩素はいらないとか・・・。
源泉は自分で注ぎ足し自由とか・・・。

1

この日訪れたのは12月下旬。
2~3日間降り続いた雪で、あたりはすっかり雪景色。

2

かすみ温泉到着。

Pc160039

玄関をくぐると、取材の問いかけに女将さんが快諾してくれました。

あるブログでは、お湯に入る前に女将さんの笑顔でまず癒やされる!と紹介されていました。
納得ですconfident

5

早速、お風呂場へdashdashrun

6

脱衣所からお風呂の戸をそろそろ開けると・・・
ふわぁっと柔らかい硫黄の香りsign01lovely

7_2

無色透明のお湯はいく分青みがかって見えました。

8

温泉分析書です。

源泉は12.1℃の冷鉱泉。
泉質は単純硫黄泉でPH9.5のアルカリ性。

ツルツルヌルヌルの湯が数値から想像できます。
いわゆる美肌の湯ですねlovely

10 9_2

お風呂場から客室へと階段を上ります。

12 
すると目に飛び込んできたのは・・・sign03

14

コイン式マッサージ器・・・
懐かしいっsign01(◎´∀`)ノ


15

そして壁には・・・
“脊椎を制する者は内蔵を制する”ツボヘルサーーーーー!!ヽ(´▽`)/

昭和レトロ感漂うアンティークに興奮は冷めやらず・・・

16

清潔な客室は、“シンプル イズ ザ ベスト”を地でいくような・・・
余計なものはありません。

11_3

窓からは、温泉名にある樹齢400年以上にもなるかすみ桜が見えます
5月の満開時は浴槽からも眺めることができるそうです。

13_2

こちらは、春の写真。
あと5か月後ですね・・・confident

055__

かすみ温泉は、日帰り入浴300円、1泊2食付きは6,000円~だそうです。

静けさの中でただただお湯と向き合う、そんな楽しみ方がここで味わうことができますconfident


by(sou)

2014年12月25日 (木)

鮎川小学校のイルミネーション

鮎川小学校のイルミネーションshineshine

県最大級の木造校舎を背景に、約1万個の電球が幻想的な光景を作り出しています。

この写真は12月19日鮎川踏切から撮影したものです。

Pc190096

Pc190097

イルミネーションは平成27年1月15日(木)まで続きます。

点灯時間帯は16:30頃~22:30頃。

由利高原鉄道の車窓からもご覧いただけます(◎´∀`)ノ


関連URL→http://www.yurihonjo-kanko.jp/modules/pico1/index.php?content_id=725

by(sou)

2014年12月21日 (日)

由利高原鉄道 YR-1501のラストラン!

さよならYR-1501、ついに最後の1両が引退しますcrying

鳥海山ろく線の四季折々の風景とともに彩ってきたYR-1501・・・

6d_110518_2

ぜひこの機会に見納め、乗り納めしてはいかがでしょうか。


◎YR-1501運行スケジュール
 ○期 間 12月27日(土)と28日(日)の両日
 ○時 刻 矢島発 - 前郷発 - 羽後本荘発
        9:49    10:10   10:47
       11:51    12:12   13:00
       13:54    14:14   14:50

◎お別れセレモニー
 12月28日(日) 14:50(最終出発時)
 羽後本荘駅 4番ホーム 


関連URL→http://www.obako5.com/info/122728-%e3%81%95%e3%82%88%e3%81%aa%e3%82%89%ef%bd%99%ef%bd%92%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%90%ef%bc%91/

2014年12月20日 (土)

2015 由利の明日を日本酒に聞く集い

ここでは、絞りたての生酒「百竈(ひゃくまかど)」が味わえます(◎´∀`)ノ


「百竈」
とは、
由利地域で生産した酒米『秋田酒こまち』と北限の『山田錦』を
雪の茅舎でおなじみの齋彌酒造が醸した純米吟醸です。


ぜひお試しにご来場くださいsign01


○と  き 平成27年1月24日(土) 17:00~19:30
○場 所 ゆりの里交流センター ゆりえもん
      (由利高原鉄道前郷駅から徒歩3分の好立地)
○前売券 3,000円
○販売所 旧由利町各酒店、ゆりえもん
○問合せ 事務局(商工会由利支所) 0184-53-3314

2015

2014年12月18日 (木)

満天☆青空レストラン~フランス鴨~

飛ばされそうなくらい風が強いですね。
爆弾低気圧は、今日が山場のようですが、早く落ち着いてほしいです。

さて、皆さんにニュースです!

東由利で生産しているフランス鴨。
これがなんと、日テレ系の番組、満天☆青空レストランで紹介されたんです。

名人には、地元の農家を営む、金子拓雄さんが出演!
MCには宮川大輔さんが、そしてゲストには、ほんこんさんが東由利を訪れ、金子さんの養鶏場を見学し、有鄰館でフランス鴨料理を食しました。

  見逃した方はコチラ → http://www.ntv.co.jp/aozora/

黄桜温泉湯楽里では、宮川大輔さんおなじみの「うま~~~い」の連呼が聞けた、フランス鴨料理を提供中!

こちらがその写真。

【▼フランス鴨ホルモンのニラ炒め】

Photo

【▼フランス鴨のつみれ汁】

Photo_4


【▼フランス鴨ロースト】

Photo_5

Photo_8

【▼フランス鴨のアヒージョ】

Photo_9

一度、食べればやめられない。食す価値ありです!

2014年12月17日 (水)

こだわりのコーヒー

平成26年12月22日、道の駅象潟一階の一角に新しく喫茶店がオープンします。

その名は「猫間珈琲」

01

メニューは当面、シンプルに4種類。マスター曰く、「現在の手持ちの中からベストのものを厳選しました」とのこと
で、コーヒー好きにはたまらないラインナップなのではないでしょうか?

01_2

また、食器にもこだわり、「アラビア社製(フィンランド)で統一」とのこと。色とりどりの器が気分を盛り上げてくれます。

01_3

店名の由来を尋ねますと、「猫が大好きだからheart01」との非常にわかりやすい回答でしたので、マスターと猫談義に花を咲かせるのもありかも!?

02

猫間珈琲

TEL:050-3635-2622
E-mail:nekoma.coffee@nifty.com


7days wrote

2014年12月15日 (月)

東由利・岩館のイチョウ。

遅きに失した感がありますが、雪降る直前の素材をアップします。

東由利・岩館のイチョウ。

県指定天然記念物に指定されているこのイチョウは、
由利本荘市東由利岩館地内にあります。

1_1

神社へ続く参道を行きます。

1_2

鳥居をくぐり・・・

1_3

雪囲いされた神社の裏手へ廻ると・・・sign02

1_4_3

岩館のイチョウ。

圧倒的な存在感でした。

1_5

根っこはヘビ玉の花火みたいにボコボコと・・・

1_6

枝下には、別名「乳房のイチョウ」の由来となった垂れ下がるコブ。

1_7_2

1_8

案内板には幹の周囲9.2m、樹高30m、樹齢300年以上とあります。

1_9

帰りがけの参道脇。
苔むす小道に光が差して、何とはなしに写真に納めました。

1_10

来年は、紅葉の時期にぜひとも訪れてみたいものです。

by(sou)

2014年12月14日 (日)

寒波襲来

この週末は寒波襲来でしたねsnowsnowsnow
皆さまはいかがお過ごしでしたか?

こちら由利本荘市も吹雪にまみれて・・・

そんな折、なぜか夜中に市内を歩く機会があり・・・
通りには人っ子一人おらず・・・(当たり前か)
Pc131554

凍てつく由利橋

Pc131555

凍てつく由利橋2

Pc131557

この寒さ、伝わるでしょうか。
へぇっくしょんsweat01

by(sou)

 

2014年12月12日 (金)

鮎川駅前の肉汁。 ~鳥海山ろく線のうまいもん~

鳥海山ろく線 鮎川駅前の駅前食堂

“ちょっと気になる沿線近くのうまいもん”として、由利高原鉄道のパンフで紹介されています。


1_1_2

店へ入ると昭和を感じさせる懐しい雰囲気。

おばあちゃんの野菜を切る音が響いてます。

1_2_2


肉汁300円


パンフに載っている一品ですが、店内のメニューには見当たりませんでした。
鳥ダシと豚肉の脂のスープに息を呑みます。

1_3_2

付け合わせにおにぎり大150円

絶妙な塩加減のおにぎりです!

1_4_2

おにぎり、肉汁、漬け物・・・これだけで満ち足りますねwink

by(sou)

2014年12月11日 (木)

12月12日、矢島スキー場オープン。

鳥海高原矢島スキー場。

12月12日金曜日、いよいよ今シーズンオープンです。

1

オープン2日前の12月10日に訪れてみました。

リフトの試運転や圧雪車が行き交い、係員がスノーモービルで上がっていく様を見ると
いやがおうにもテンションが高まりますヽ(´▽`)/

2

綺麗に除雪された駐車場。

3

つかの間の太陽に照らされる木々。

4

帰りがけに通った鳥海高原はこんな感じ。

6

鳥海山もちょっとだけ・・・。

7_2

by(sou)

2014年12月 4日 (木)

鳥海高原 冬のアクティビティ

冬将軍が鼻息も荒く乗り込んでまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

健康を保つためには適度な運動が効果的であるとよく耳にいたします。

そこで今回は、冬の鳥海高原での活動スポットをチェックしに行ってまいりました。

高原部は一足先に冬模様。道路に積もった雪はじっとりと重い濡れ雪で、油断するとタイヤを取られそうです。

02

シーズン初めは特に慎重な運転が求められます。

01

道路わきに目をやると、こちらはすでにクリスマス仕様です。

01_2
02_2

さて、最初に立ち寄ったのは鳥海高原東由利原にある「ゆり高原ホースパーク」です。隣接しているふれあい農場の雪だるま?が歓迎してくれました。

01_3

こちらが看板。定休日の火曜日と元日以外は冬期間も営業しているようです。

01_4

この日、馬たちはお客さんがいなくて少しヒマそうでした( ̄▽ ̄;)

02_3

暖かい恰好で冬の乗馬体験なんてのも新鮮ですね。

★お問い合わせ 0184-53-9122


次に向かったのは鳥海高原南由利原の「スノーモビルランド」。すでに今季オープンしていますが、もう少し雪がほしい状況のようです。

こちらはコースの一部。一部分でもかなり広く、こんな大自然の中をスノーモビルで疾走するのは解放感や爽快感が大いに刺激されそうです。

04

これが借りられるスノーモビル。奥に見える歩くスキーもレンタルされています。

02_4

こちらはツアーやイベントで使われる巨大スノーモビル! 迫力満点です。

03

そしてこちらは韓国映画「アイリス2」で撮影に使われたもの。車庫の一角に展示されています。

05

なかなか体験することのできないスノーモビルの運転。虜になる人もいるようなのでご注意を!Σ(゚д゚;)

★お問い合わせ 0184-53-2126
 

そして次に、この地域の冬を代表する施設、「鳥海高原矢島スキー場」に向かいます。

12月12日(金)のオープン予定日に向け、スキーハウスでも着々と準備が進められているようです。

01_5

ゲレンデを見てみると、すでに一面真っ白です。

02_5

ゲレンデ整備用の圧雪車も動いていて、スキー・スノーボードシーズンの到来が感じられます。

03_2

鳥海高原矢島スキー場はスノーパークやクロスコースの整備にも力を入れていて、初心者からエキスパートまで楽しめる要素満載です。割安なシーズン券と各種スクールも充実しているので、今年の冬は一気にレベルアップを狙ってみるのもいいかも!?

★お問い合わせ 0184-56-2044


7days wrote

2014年12月 3日 (水)

何回食っても旨い!本荘ハムフライバーガー!

Burger shop 岩城
「道の駅岩城」内にある言わずとしれた本荘ハムフライバーガーの出す名店。

1_2

装いもクリスマスムードに様変わりsign01

2_2

本荘ハムフライバーガー300円はいつも思うけど安い・・・coldsweats02
こんなに旨くてボリュームあって・・・

新メニューのポテトは250円。
サクサクとあるけど、個人的にはモチモチ感の虜に・・・happy01

3_2

実物。

4_2

薄切り玉葱のシャリシャリ、本荘ハムフライのサクサク、そして絡むサルサソースかな?
この三重奏がたまらない・・・confident

5_2

コストパフォーマンス抜群の本荘ハムフライバーガー&ポテト。
本当にオススメしたくなります。

(sou)

2014年12月 2日 (火)

ついに食べに行きました「鳥海選びどん」@安楽温泉

一気に寒さが到来しましたが、お身体にお変わりはないでしょうか?

10月末にデビューを迎えたご当地メニュー「鳥海選びどん」を、満を持して食べにいって参りましたhappy02

お伺いさせて頂いたのは『安楽温泉 レストラン すぎの木』さんですrestaurant
言わずと知れた地元の人気店で、ご当地メニュー以外のメニューも豊富でリーズナブルbleah

目移りしてしまう所でしたが、本日の目的は「鳥海選びどん」scissors
2人でお邪魔して、安楽温泉さんで提供している5丼を全て並べてみましたsign03

5

圧巻のボリュームですlovely

この5丼の中から、2丼を選んで頂きますcatface

2

ハタハタの粉末を練り込んだ「ハタハタうどん」とセットで、税抜き1200円moneybag

見た目はあんまり?かも知れませんが、目の前に置かれるとかなりのボリュームがありますsign01

それでも足りない方は、追加丼300円(税抜き)で3丼とうどんの贅沢セットも可能ですshine
3

これなら、大食漢でもお腹いっぱいですfull


さてさてお味はというと???


これはやっぱり、皆様に是非ご確認頂きたいと思いますdashdashdash

どれも期待を裏切らない「美味しさ」ですけどねgood




まだまだ食欲がおさまらないユンビンでした(*´Д`*)

旧道を行く ~東由利・奥ケ沢~

東由利の 国道107号線を縫うように旧道が絡む奥ケ沢
旧道沿いには人家が2戸ほど建っています。

1_1

流れ込む沢とか・・・

1_2

かろうじて葉っぱがしがみついていたり・・・

1_3

1_4

人家を通り過ぎると、ひっそり感が一層高まります。

1_5

すぐ横には、旧道と並走して流れる石沢川。

1_6

進んでいきます・・・

1_7

カーブを描いて橋に出ました・・・

1_8

たもとには石沢川の文字。

1_9

橋から眺める石沢川はなかなかの渓谷美。

1_10

さらに橋の下を覗くと、何やら落ちている・・・

1_12

橋のたもとのコンクリ片!
「大比戸橋」と読めます。

いいですねえ、旧道の雰囲気にぴったりです( ̄ー+ ̄)

1_13

さらに進んで国道107号線に合流するあたり。
少し高いところから石沢川を見下ろせます。

1_14

道を変えるだけで時間の感じ方が違うかもしれません。

by(sou)

2014年12月 1日 (月)

写真作品募集中!!

「「彩」発見、ひがしゆりフォトコンテスト」の写真作品を募集中!

最優秀作品については、なんと賞金5万円を進呈!!

東由利地域内で撮影された写真作品をどしどしお寄せください。

テーマ  明日に残す、「美しい、楽しい、美味い」ひがしゆり
       

       「美しい」  自然・歴史・文化など
       「楽しい」  イベントや観光施設でのワンシーン・農作業体験・アウトド
など
       「美味い」  地元グルメや特産品・美味い表情など

応募期間  平成27年2月20日(金)

応募方法

  1 作品用の自慢の写真を撮影。
  2 撮影した写真作品は、四切サイズ(ワイド可)またはA4サイズにプリント。
  3 応募用紙を入手後、応募用紙に必要事項を記入し作品に添付。
       応募用紙はコチラからダウンロードできます。 
                         → 「fotokontirashi.pdf」をダウンロード


  4 次の応募先まで、直接持参か簡易書留の郵送にて応募。

以上が応募の流れとなります。なお、作品の応募は1人3点までです。
その他にも、応募には条件等があります。作品募集要領をよくお読みいただき、ご同意の上、ご応募くださるようお願いします。

 

《応募先》
〒015-0295 由利本荘市東由利老方字橋脇112
由利本荘市観光協会東由利支部(由利本荘市東由利総合支所 産業課内)
TEL:0184-69-2116  FAX:0184-69-2526

453640

由利高原鉄道 「2015絵画オリジナルカレンダー」発売中!

由利高原鉄道の「2015鉄道絵画オリジナルカレンダー」販売されていますsign01

2012年、「寝台特急あけぼの」車中で、由利高原鉄道 春田社長が画家の浜本節子氏と偶然乗り合わせ、
意気投合したことがキッカケで実現しました。

透明水彩絵具で鳥海山ろく線の素朴な風景が季節ごとに描き下ろされています。

1部700円(税込)
由利高原鉄道HPのほか下記の駅・店頭でもお買い求めいただけます。

<販売箇所>
矢島駅、羽後本荘駅(由利高原鉄道窓口)、由利本荘カダーレ内ゆりプラザ、象潟道の駅「ねむの丘」、
鳥海荘、ホテルフォレスタ鳥海、書泉グランデ(東京都千代田区神保町)

Photo

関連URL→http://shop.obako5.com/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/2015%e5%b9%b4%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc/

・・・(てんてんてん)

象潟に魚介類をふんだんに出してくれる居酒屋があるという話は前から聞いていました。

場所もだいだい聞いて行くと、それらしき店がない。

「てんてんてん」という店の看板を探すも見当たらない。

2~3回繰り返していると、・・・sign02

1

・・・(てんてんてん)coldsweats02

何回も通り過ぎていた見慣れた看板の下に小さく「・・・」、やっとたどり着きました!

2

念願の1,100円ランチ。

刺身から揚げ物からお吸い物から魚づくし!

3

タラの煮付け。

4

アオコ(ブリの出世前)の揚げ物。

5

食後にはコーヒーもいただき満腹になりました。

お店のご夫婦の雰囲気も心地よかったですヽ(´▽`)/

by(sou)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ