« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

雪ものがたり2015

小さな子ども達が、元気いっぱいに外で雪遊びをしている姿をみると、昔の懐かしい少年時代を思い出す今日この頃。

大人達は、「キャッ、キャッ」と子ども達が遊んでいる姿を見て元気をもらっていたのでしょうね。

雪国では避けては通れない、雪とのお付き合い。
毎朝、どれだけ積もったのだろうとネガティブな気持ちになりますね。

そんな、雪国のハンディを克服し、暗いイメージの冬を明るく乗り切ろうと、
「ひがしゆり雪まつりツアー2015」の幕開けとなる、「雪ものがたり2015」が道の駅「東由利」周辺を会場に開催されます!

【▼昨年から、スノーモービル体験と除雪車の乗車体験】
Dscn0178

Imgp1864_4


【▼現在、道の駅「東由利」では、雪ものがたりへ向けイルミネーションも点灯中】

Dscn5202_2

第17回を迎える雪ものがたりですが、今年も親子で楽しめるイベントを企画!
また、当日会場には、子どもに大人気のキャラクター、妖怪ウォッチ「ジバニャン」やアナと雪の女王の「オラフ」が雪像として登場するほか、自由滑走の「ジャンボ滑り台」も登場します。

P1_42

お楽しみ抽選会では1等賞品に、なんと、「秋田由利牛」を2名様分用意!
2月6日(金)から2月8日(日)午後1時までの間、道の駅各施設をご利用いただいたお客様に抽選券を配布しますので、ぜひご利用いただき、当日は忘れずに本部まで抽選券をお届け願います。
※入浴・飲食に対しては、利用者1名につき1枚を配布。
※お買い物は、1,000円以上のお買い上げで1レジ通過に対し1枚配布。

2月8日(日)は、ご家族揃って雪ものがたりへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

2015年1月29日 (木)

荒波日本海。

いつしかの爆弾低気圧がやってきたとき。
荒れる荒れる平沢海岸・・・

1

波打ち際にびしっと張り付くカモメ。
2

NHKでよく放映される平沢漁港。
防波堤に高波がザバザバかかります。(動画→http://youtu.be/ZyeO3Q4MB5M
4

この日は、あまりの風に据えたカメラの三脚が独りで走り出すほどでした。
タッタカタッタカタッタカ・・・・    ガシャン(汗)

sou

2015年1月28日 (水)

123で担々メン!!

坦々麺の名店で知られているファミリーレストラン123(ひふみ)
35周年を迎えるこのお店は象潟漁港の近くにあります。

1_2

担々メン、NEW坦々メン、黒胡麻坦々メン、野菜たっぷりミソ坦々メンの
どれも魅力あふれる4種類から選ぶのが毎回至難でもあります。

こちらは黒ごま担々麺

4種類の中で見た目一番パンチがあります。

黒ごまの風味に香草・香辛料がふんだんに入り込み、
ラー油がらみのシャキシャキの細ネギが麺にスープによく絡みますgood
濃い~1杯で本当に旨いsign03

ちなみに辛さは控えめですが、希望によって辛さ調節可ですよhappy01

2

4種類の中で一番人気があるというこちらNEW担々麺
白湯(トンコツ)ベースのスープは、まろやかでコクのあふれる一杯。

3

各種坦々麺1杯につきスタンプ1個、これが20個貯まると
次回の食事でお好きな坦々麺1杯が無料サービスとなる「坦々麺倶楽部」も実施されています。

店内は広めで家族でのご利用にもオススメです(◎´∀`)ノ

今回ご紹介できなかった他の2種についても、後ほどご紹介したいと思います。

関連URL→http://family-restaurant123.com/


(sou)

2015年1月27日 (火)

パパ・ママ・ジュニア「スキー教室」開催中!

最近は天候が一段落。
でも、再び寒気がやってくるようですので、皆さん交通事故には気をつけましょう。

さて、東由利地域の大平スキー場。

Photo_2

現在、パパ・ママ・ジュニア「スキー教室」が開催されております。

冬となれば、運動不足になりがち。(私も含めて…coldsweats01

スキーを通して、お父さん・お母さん・子どもとふれ合いながら、運動不足の冬を明るく元気に過ごしたいものですね。

では、パパ・ママ・ジュニア「スキー教室」のご紹介です!

●対 象 者    保育園年少から大人まで

●開催期間   毎週木曜日(2月26日(木)まで)

●時   間   午後7時~午後8時

●参 加 料    お一人様 1回 500円(保険料とリフト料金は別途)

●受    付   開催日の開始30分前から 大平スキー場にて

●主    催   東由利スキークラブ

●問い合わせ  大平スキー場ヒュッテ TEL69-2328

Img_6230


Img_6245_4

フリー参加がなんと言っても魅力!

初めての方も、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

月刊情報誌「男の隠れ家」3月号に由利鉄登場!

月刊情報誌「男の隠れ家」3月号の由利高原鉄道が紹介されますsign01

何と掲載ページは10ページにわたりますヽ(´▽`)/

Photo

発売日は、本日1月27日(火)です。

書店等でお見かけの際は、ぜひお手にとってご覧くださいませっ♪train

関連URL→http://www.kakurega-online.com/

2015年1月21日 (水)

1月の鳥海山麓から ~直根・百宅・猿倉遍~

めったに晴れない1月の秋田。
この日は移動性高気圧に覆われて、久しぶりに太陽と青空が顔を出しましたsunヽ(´▽`)/

鳥海山麓の中でも豪雪地帯で群を抜く鳥海地区百宅・直根・猿倉地区のようすをアップします。

上直根地区。
1

道路上にて。
2

雪壁の向こうに。
3_2

4_2

百宅地区。
5

陽光に照らされる里山。
6

すっぽり雪に覆われた百宅全景。
7

火の見やぐらも雪の中。
Img_9042

鳥海山の標高差が際立って見える下直根地区。
9

電線がなければ。
10

電線を少し避けて。
12

圧巻。
11

猿倉地区のブナ林。
13

フォレスタ鳥海は納得のロケーション。
15

豪雪地帯であればあるほど希少な冬晴れが映える、そう実感できた1日でした・・・

by(sou)

2015年1月20日 (火)

河童伝説は存在した・・・  湯治の宿“小羽広館”

沖縄カフェ“て~げ~”からさらに、上川大内地区を奥へと行きます。
あたりは雪深い山間の風景。
まるで水墨画のよう。
16_2

途中には小羽広ダムも。
静寂に包まれています。
17_2

ダムからほどなく、湯治湯 小羽広館の看板がありました。
1_7
2_3

その看板に近づいていくと・・・sign02
「河童発祥の地入口」なる標柱を発見sign01

これは何かありそうな・・・ワクワクしながら小羽広館へ向かいます。
15_3

湯治湯 小羽広館着。
3_3

宿正面には、大内河童大明神の祠。
4_2

祠横の案内板には、小羽広館の由来が記載されてありました。

<以下要約>
・約百年前、三之丞家の当主栄助が滝ノ沢で河童の湯浴みに遭遇。
・逃げようとした河童に配慮したところ、河童から拝まれた。
・翌日以降、河童の姿はなかったが、以前にも増して湯煙が上がっていた。
・栄助は湯を掘り出し温泉宿を商売し繁盛した。
・大内かっぱサミット委員会は、大内河童発祥の地を現在地と定めて大内河童大明神の祠を建立した。
・祭礼は毎年6月15日。

5_3

ふーむ。
カッパ伝説を発祥の地へグイっと持ってきた感は否めないが・・・。
気を取り直して、いざ館内へ。

すると、玄関前にも河童の名残が!

カッパサミット例会場。

7_2

面くらいつつ館内におじゃますると・・・

6_3

玄関入ってすぐ河童の絵!
8_2

そして、かっぱ村全国地図!
9_2

たたみかけるようにカッパの特徴!

“相撲が好きで人にも挑戦する”
“鳴声は赤ん坊のようである”
“カッパの潜んでいる水は粘り気がある”etc
10_2

そして、「大内かっぱの会」の紹介。
ここで、一連のかっぱ騒動の歴史が明らかになります。

<以下抜粋>
・大内町文化財審議委員会が平成10年に遠野市への研修旅行の際、
 「おらほうの町にだってカッパ渕だばあるよ」の一言から、かっぱの会発足。
・ちなみに、おらほうのカッパ渕とは芋川上流を指す。
・その後4年間で、大内町カッパサミット会議を重ね、看板や祠を建立するに至る。

河童への並々ならぬ情熱を感じずにはいられませんでした(脱帽)coldsweats02

11_2

さて。
入口から数mのカッパ集中砲火をくぐり抜け、いざ浴場へ。
12_2

イイ感じの長廊下を行きます。
13_2

お風呂。
人伝いに効くのは、腰痛や傷に効く、とのこと。
窓の外はもちろん雪景色。

14_2

客室。

15_4
先日もご紹介しましたが、素泊まり1人1泊3,000円。
朝食付きだと3,500円。

て~げ~と組み合わせて由利本荘市・横手市・大仙市の境、
奥深い上川大内地区を堪能してみてはいかがでしょうか???

by(sou)

2015年1月19日 (月)

大内で沖縄を味わう「沖縄カフェ て~げ~」

まだまだ寒い日が続きますね?


冬の続く秋田で「沖縄」を味わう!?そんな事が出来るのか???

出来るんです!出来ちゃうんですgood


今回ご紹介するのは、由利本荘市岩野目沢(旧大内町)にある「東海林酒店」の店内一角を改装して、沖縄料理を提供する「沖縄カフェ て~げ~」さんですsign03

そもそも何故旧大内町で「沖縄」なのか?

その辺のお話しは店主に聞いて頂くのが面白いと思いますが、どうやらこの「東海林酒店」には沖縄に縁のある方々がいらっしゃるようなんですdash

「秋田」と「沖縄」sign02
なかなか「ピン」と来ないですよね?

そう、私も「ピン」と来ず、半信半疑でお店へ向かいましたcoldsweats01

旧大内でも奥の地域である羽広地区、道路看板には横手市内への案内が出ていましたsweat01

1

雪が溶けたとは言え、道路脇には沢山の雪が残っていますsnow

2

今回お邪魔したのはココですsign02

3

「東海林酒店」がドーンッ!!と全面に押し出され、「沖縄はドコ???」と、心配になりましたcoldsweats02

4

しかし、ちゃんとありましたよ?wink

「沖縄カフェ」の看板がscissors

5

店内に入ると

6

昔ながらの酒屋さんの一角になにやらソファーがあり

7

商品の奥に調理場的な雰囲気が感じられますrestaurant



メニューには沖縄を代表する麺料理「ソーキそば」の文字がnoodle

8

その他のメニューもずらりhappy02

9

手書きのソーキそばやメニューの絵が貼ってあったり

10

手作りの温かさを感じましたねshine

そしてオススメされたのが、『本日のおすすめ』にもあった「ソーキそば」noodle
今回はコーヒーも付いたセットメニューの『全部セット」で頼みますlovely

11

まずはこの湯気!!
美味しそうですよね?smile

紅ショウガの乗ったソーキそばは、豚骨と鶏でダシを取られておりスープは澄んでおります。
スープを口に運ぶと、優しい塩味が口いっぱいに広がり、スープだけでも何度も口に運んでしまいますdashdashdash

肝心のそばは、毎週木曜日に本場「沖縄」から送ってもらっている「生麺」だそうで、初めて「ソーキそば」を口にした自分も、一口で虜になってしまいましたheart04

お肉も柔らかくてウマーッup

サツマイモの乗っかった炊き込みご飯も美味しくて、店主さんと色々とお話しいていたら、「島らっきょう」をサービスして頂きましたscissorsscissorsscissors

沖縄では「味噌」を付けて食べるそうですが、「て~げ~」さんオススメの食べ方、味噌で炒めて頂きますeye

こちらも美味しいhappy02

12

食後のコーヒーは苦みが少なく、コーヒーが苦手な方にもオススメですcafe
ミルクを入れなくてもとてもクリーミーな味の豆は「イルガチェフ」だそうです。

13

ちなみにこのコーヒーはマックスバリュー本荘中央店の駐車場内にある「espresso aube(エスプレッソ オーブ)」さんの豆を使用しているとのことflair

脇には増田のお菓子屋さんの餅米のお菓子と紅茶のマシュマロですcake


店内はカウンター6席と、ソファーに2人、その他テーブル席(4~6人掛け)が2つ
さらに二階には大座敷席があるようで、大人数でも大丈夫scissors

ちなみに近くにある温泉宿「小羽広館」と提携しており、食べ飲み放題3500円で宴会を「て~げ~」さんで、一泊朝食付き3500円(素泊まり3000円~)で「小羽広館」さんに宿泊も可能だそうですgood
※22時には「小羽広館」からお迎えのバスがきますbus


※テーブル席の様子
14


15

そして毎週金曜日の16時からは、近所の子ども達があつまり「書道教室」も開かれているとのことpen

16

先生のお手本は、さすがですね?
達筆ですhappy02

17

近所の可愛いわらしッコ達が集中して?練習していましたgood



秋田で、しかも由利本荘市で、しかものしかも旧大内町で本場の沖縄を味わえるお店「沖縄カフェ て~げ~」さんは、毎週金曜日と土曜日の9時~21時までとなっております。


本場の「ソーキそば」と食べたい方は是非足を運んでみてくださいhappy02




東海林商店 沖縄カフェ て~げ~
〒018-0904 由利本荘市岩野目沢字上長瀬野119
TEL:0184-67-2218
Facebook:https://www.facebook.com/okinawateegee
毎週金曜日と土曜日 9:00~21:00
※ご予約頂ければ、営業時間外でも対応可能だそうです。



ソーキそばにすっかり魅了されたユンビンでした((w´ω`w))

2015年1月14日 (水)

中島台のスノートレッキング

雪の中島台

ビーパルの取材を受け10名ほどで、あがりこ大王を目指しました。

  P1100800_640x480 赤川も雪に埋もれそうです

  P1100809_640x480  雪の重みでアーチを描く木

  P1100810_640x480 あがりこ大王

  P1100812_640x480 深い雪のところをスノーシュウで歩く

  P1100823_640x480 山スキーでのトレッキング

  P1100839_640x480 ビーパルの取材の二人

  P1100841_640x480 取材も終えて帰路に着く

  今回はじめてビーパルの取材を受けました。

 雪の中島台を3月号で紹介してくれるそうです、2月10日発売ですので楽しみに。

               yosiji






















2015年1月13日 (火)

クルージングトレインで行く掛魚まつり!!

由利高原鉄道(株)から冬の企画列車のご案内です。

秋田駅・新屋駅・羽後本荘駅から乗車可能な『クルージングトレインで行く掛魚まつり』!!

当日は、大タラが1匹ずつ荒縄に釣り下げられ、海上安全や豊漁を願って金浦山神社の神前に供えられます。
また、勢至公園で金浦神楽が披露され、大鍋で名物のタラ汁がふるまわれます。

このほか白瀬南極探検隊記念館、新酒の香り漂う飛良泉本舗、シュークリームでおなじみの松永菓子補など巡ってまいります♪


★☆クルージングトレインで行く掛魚まつり★☆

 と き:平成27年2月4日(水)

 料 金:5,500円(秋田駅・新屋駅発)
      4,500円(羽後本荘駅発)

 申込先:由利高原鉄道(株)

Photo_2


2015年1月 9日 (金)

矢島冬まつりと酒蔵開放満喫の旅!!

由利高原鉄道(株)から冬の魅力溢れる企画ツアーのお知らせです。

秋田県庁前・秋田駅東口から出発するバスツアー『矢島冬まつりと酒蔵開放満喫の旅』。

往きでは、羽後本荘駅から鳥海山ろく線に乗り換え、どぶろくの試飲が楽しめます。

その後は矢島の2大酒蔵、『鳥海山』天寿酒造と『出羽の富士』佐藤酒造をたっぷり自由見学(飲)できます。

毎年、県内あちこちで酒蔵開放が行われていますが、
「ここだけはいっとけ!」とその道の方が本気で勧めていたのを思い出します。

帰りの運転の心配は一切いらないこのツアー・・・秋田市在住の方は特にオススメです♪


☆★矢島冬まつりと酒蔵開放満喫の旅★☆

と き:平成27年2月14日(土)

料 金:5,500円

申込先:由利高原鉄道(株)

関連URL→http://www.obako5.com/info/2015%e5%b9%b42%e6%9c%8814%e6%97%a5-%e7%a7%8b%e7%94%b0%e7%99%ba-%e7%9f%a2%e5%b3%b6%e5%86%ac%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%a8%e9%85%92%e8%94%b5%e9%96%8b%e6%94%be%e6%ba%80%e5%96%ab%e3%81%ae%e6%97%85/

Photo


2015年1月 8日 (木)

小砂川のラーメン『伊原順平』

にかほ市象潟の小砂川集落

山形県境にほど近く、秋田側からは南の最後の集落。
瓦屋根が軒並みを飾るこの集落は、建築様式の古い家屋が多く、

ノスタルジーな雰囲気に包まれています。

また、小砂川産の岩牡蠣といえば 
鳥海山伏流水の岩牡蠣の中でも味がピカイチとのこと・・・

そんな小砂川に唯一のラーメン屋があるという。
その名も伊原順平

何だかロケーションも、店名にも興味がそそられるではないですかsign02

ということで、強風吹きすさぶ中、小砂川へtyphoonrun

注意深く訪れたつもりが、一回通り過ぎて、また戻ってようやく到着。
お店の暖簾は風に晒されていた感満載です。

1
店に入ると、気の優しそうな親父さんが1人、いらっしゃ~い、と。
この方が店名の順平さんなのだろうか???

店の中は、コンクリ床の上に4人掛けのテーブルが6つ。
いたって昔の食堂風。静かーな時間が流れていました。2

メニューはこの5品。

3
タンメン。
野菜の旨みに胡椒がビっと効いています。
そして、塩加減が絶妙でした。

4
こちらは、五目ラーメン。

5
これは、アリです。
ぜひお試しあれ!

by(sou)

2015年1月 6日 (火)

雪化粧の鳥海山

新年明けましておめでとうございます。

今年の第一弾は何と言っても鳥海山からでしょうsign03

1月6日朝、矢島方面へ向かう国道108号線沿いからパシャリ。

Photo

1時間ほどすると、幻だったかのように次第に雲に吸い込まれてしまいました・・・

Photo_2

やはり雪化粧の鳥海山は、見る者を立ち止まらせる、

そんなチカラがあるような気がしました。

今年も鳥海山麓の魅力を伝えていきたいと思います。

ご愛顧よろしくお願いしまーす。

by(sou)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ