« マンサク | トップページ | 防災について楽しく学ぼう!秋田県防災学習館 »

2016年3月15日 (火)

町中ひなめぐりスタート♪

由利本荘ひな街道

3月12日(土)から「町中ひなめぐり」がスタートしています

早速私もオープニングセレモニーが行われた矢島のひなめぐりをしてきましたよ
ちょこっとご紹介

矢島にはおひな様を見られるところがたっくさんあります
場所によっては有料のところもありますが、コレをゲットすれば大丈夫

Hp1
矢島ひなめぐり券

1つ300円のこの券があれば、期間中有料展示会場6施設を何度でも見てまわれます
皆さんコレを首から提げて巡っているようだったので、私も早速矢島駅で購入

さぁいよいよスタートです

まずは矢島駅の駅舎内
Hp2
なんて愛くるしいおひな様なんでしょう
これは由利高原鉄道のアテンダントさん手作りだそうですよ

ほっこりしたところでお次はこちら

天寿酒造
Hp3
現在のおひな様のルーツともなった古今雛が飾られていました
江戸時代の後半に出回ったようです。
昔は、初めに女雛・男雛をそろえ、翌年に三人官女をそろえ・・・というように、初めから一式そろえていたわけではないようです。
ですので、人形の種類が違ったりします
そういった違いを見つけるのもまた面白かったです

さてさて、お次はこちら

大井家
Hp4
入った瞬間ビックリ
様々な種類の人形や雛道具が飾られていました
こちらは江戸時代中期に出回った享保雛。
女雛と男雛の位置も今とは逆です
そしてここは元々酒造業を営んでいたそうですが、その伝統は先に紹介した「天寿酒蔵」へと受け継がれたそうです。
矢島の歴史も知れておもしろい

さぁて、お次は…

八森苑・道益苑
Hp5
スタッフが趣味で集めているというおひな様がお出迎え
かわいらしい

ここにはた~くさんのおひな様が展示されていますが、中でも私が印象に残ったのはこちら
Hp6
五人囃子の女性バージョン
着物の帯もそれぞれ結び方が違うんですよ
珍しかったのでしばらく見ていました

さてまだまだ続きます!
町中ひなめぐりは公共施設だけではなく、民家でも展示しているんですよ♪

Hp7
こ~んな感じで一般のお宅が公開されています

本当にたくさん展示されているので、どこを見ようか迷ってしまいますが、私は最後にスタッフおすすめの一般宅へとおじゃましてみました

山田さんのお宅
Hp8
天井まで届くおひな様
雛道具も豊富で立派
保存状態もとってもきれいです

中でも私が印象的だったのは、左側の五人囃子
右側の五人囃子は能楽、左側の五人囃子は雅楽を演奏しているので、持っている楽器が違うのです
一般的なおひな様は能楽ですので、雅楽は珍しい
雅楽で使われる「笙」という楽器を持っていたりして、テンションが上がってしまいました

おうちの方が貝合わせも取り出して見せてくださいました
Hp9
キレイな絵が描かれています
貴重なものを見せていただきありがとうございました

矢島の町中ひなめぐり
このブログでは伝えきれないほどたくさんの魅力的なおひな様があります
一つとして同じおひな様がなかったので、楽しく巡ることができました
是非ご自身の目で確かめていただきたい

矢島以外にも本荘、岩城地区でも開催していますので、ぜひ各地区のおひな様を楽しんでくださいね♪


詳しくはこちらからどうぞ↓
由利本荘市観光協会HP
*パンフレットもダウンロードできます♪

by mitty

« マンサク | トップページ | 防災について楽しく学ぼう!秋田県防災学習館 »

由利本荘ひな街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町中ひなめぐりスタート♪:

« マンサク | トップページ | 防災について楽しく学ぼう!秋田県防災学習館 »

フォト

ウェブページ

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ