« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月20日 (月)

あがりこ大王

春を感じさせる彼岸、あがりこ大王を訪ねました。

                   トイレの屋根の雪が地上まで続いています

P1150676

                   イワガラミ(昨年散ったもの)

P1150678

                 倒木に2mもの雪が

P1150687

             大王 3体

P1150695

P1150696

P1150698

3月の初めより積雪は増えています。

この時期最初に咲く花「マンサク」は森の中で2,3輪咲き始めました。

残念ながらぼやけて紹介出来ません。

4月には駐車場まで除雪されますので、雪の中を歩いてみてください。

雪の案内人もいますので、観光協会に訪ねてください。

                 (0184-43-6008)

                  2017.3.21   yosiji



















                    

2017年3月13日 (月)

ひなめぐり♪

今年も由利本荘市町中ひなめぐりがスタートしましたsign03

Key_visual
*写真をクリックすると由利本荘市観光協会のHPへ写ります

3月11日に矢島駅でオープニングセレモニーが行われたのでそちらを見に行きましたhappy01

矢島保育園の皆さんが、かわいい歌を歌いお客様をお出迎えしていましたよnotes

ほっこりしたところで、私も矢島の町中ひなめぐりに参戦してみましたconfident

矢島駅で売店の名物店員まつこさんから「矢島ひなめぐり券」を購入し、いざ出発shine

まずは天寿酒造からsign01

1

立派な屏風とともに飾られていましたshine

人形は一度に全部買ったものではなく、表情や大きさが異なることから別の時代に徐々に買いそろえたものではないかとのことflair

2

確かに違いますねeye三人官女と五人囃子では違った雰囲気がでています。


そして次は山田宅へsign01

3

こちらは一般の方のお宅です。

町中ひなめぐりでは一般宅も公開しているのですshine

昨年も訪れましたが、今年もやはり「すごいっ・・・!!」と言ってしまいました。

天上まで届きそうな雛壇。

享保雛と古今雛が飾られていますshine柳飾りも立派ですheart04

4

能面のような顔立ちでサイズの大きなおひなさまとお内裏様。享保雛の特徴ですshine

多種多様のお道具たちも見もの!

普段使いもできるサイズのものもあります。

これだけ集められて、代々受け継がれているのがすばらしいですねhappy01




お次は大井家sign01

5

こちらも色々な種類のおひなさま。

男雛の頭上には天蓋がありますが、男雛を天皇に見たてて作られた飾りなんだそうですshine

飾りにも色々な意味があるのですねnotes

ちなみに右下のワンちゃんの左となりのお人形、なんだかわかりますか??

ズームしてみると

6

なんとお産のシーンのお人形!!

産婆さんが優しく声をかけているのがイメージできます。

子宝に恵まれますようにと作られたのでしょうかconfident



そして最後はこちら、武田家ですsign01

7

こちらも素敵なおひな壇が2種類も!

右側のちょっと小さめに作られたお人形は芥子雛といいます。

江戸時代に贅沢禁止令が出され、大型雛を作るのが禁止されました。

その反動で小さいおひな様が作られるようになったそうです!

でも小さいからこそ細やかな作業が必要なので、今となっては逆に高価なのでは!?と言われているようですsmile

保存状態もとっても良く、きれいなおひな様でしたhappy02shine



町中ひなめぐりは、本荘地区、矢島地区で3月20日まで行われていますflair


解説をしてくださる案内人の方もいますので、ぜひぜひ気軽に巡ってみてくださいねhappy01

by mitty

2017年3月11日 (土)

なごり雪

   三月半ばの元滝伏流水 名残り雪の積りがまだまだ冬景色です。

P1150646

P1150651

       水ぬるむ季節?

P1150653

P1150655

P1150657

P1150658

P1150663

                   2017.3.11    yosiji























2017年3月 6日 (月)

滝の茶屋。

滝の茶屋

奈曽の白滝近く、にかほ市小滝集落の金峰山神社入口にあります。

ドライブイン「ブルーパーク」のナナメ向かい、と言った方が分かりやすいでしょうか。

1


戸を開けると・・・。

黄色い果実は地元でとれた柚子だそうです。

3


店内は、民家風。

置かれている民具が何だか懐かしいですね。


2

Img_3249


壁に貼られたメニュー。

4


この日頼んだざるぞば大盛 750円。

この地区で生産される本郷そばです。

コシがある太めのそばも美味しいですが、小鉢の酢の物や煮付けの味がほんっと絶妙happy02

5


店主の佐藤さんは、元気モリモリのおばあちゃん。

数年前に、由利本荘市内で飲食店を閉じた後、いったん休んでましたが、

家にいてもつまらん、やはり何かしたい!と思って、由利地域の空き店舗を探しまわったそうです。

そして、小滝までたどり着いて、誰も使用していない滝の茶屋に出会いビビビときた。

一昨年の9月にオープン。

当初は、由利本荘市から通っていましたが、この立地環境が大好きで同集落へ移住。

夏は、外国人や世界を旅している人など、いろんな人が立ち寄ってくれるのでお話しするのがとても楽しい、と佐藤さん。

今後は、付近で豊富に採れる野いちごでジャムを造って販売したい、と夢を語っていらっしゃいました。

sou

2017年3月 2日 (木)

鳥海百景~2017~

2月28日(火) 快晴sun

今シーズン一番の鳥海山をお届けします。


まずは、新山神社の参道から望む鳥海山と本荘市街。

1_3


子吉川河口付近、市営オートキャンプ場入口から。

風車がお似合いです・・・

2_2


ちょい角度を変えて、本荘マリーナの漁港から。

3


にかほ高原 冬師集落付近。

4


眩しくて目を開けていられませんでした・・・

5


由利高原鉄道 鳥海山ろく線 曲沢駅。

7


ここから前郷駅までの区間は、言わずと知れた鳥海山のビュースポットですconfident

6


鳥海山を背景に池田修三ラッピング列車が走ります。

8



鳥海高原 花立地区。

キツネでしょうか、小動物の足跡が雪原に一筋。

9


この迫力は、高原ならではかもしれません。

10


鳥海山麓は日に日に春めいてますconfident

by sou

2017年3月 1日 (水)

残雪の森

 少しずつ春が近づいてきたようです。

P1150572_2

 赤川橋の上流は雪で覆われていますが所々隙間があり迷路のよう

P1150590_2

  「燭台」 ちょうどあがりこの所まで雪があり妖精も眠っているようです。

P1150598_2

 あがりこ大王 

P1150602

  湿原

P1150610_2

 鳥越川から見た鳥海山

P1150620_2

 森の積雪量  2月28日    1.5m ~ 2.0m

 マンサク    蕾

 ミズバショウ  やっと芽が出ている状態

                                                                         yosiji














« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ