体験する

2018年8月22日 (水)

まるっと鳥海学習交流会 in にかほ!

夏の暑さも和らいで、過ごしやすくなったなあと思っていたら、思いのほか夜が寒くて風邪をひきそうです。

さて、夏の甲子園も、秋田県勢、金足農業高校が決勝戦に進み盛り上がりましたね!
決勝戦は敗れてしまいましたが、こころに残る100回記念大会となりました。

そんな8月も残すところあと10日足らずですが、今月もいろいろネタがありました。

 

8月9日、まるっと鳥海学習交流会が開かれました。

山形県酒田市、遊佐町、秋田県由利本荘市、にかほ市の4市町から20人の小学生が参加してくれました!

今年の会場はにかほ市。

朝から観光拠点センターにかほっとに集合しました。

0100

それぞれの地域の子たちがバラバラになって4班に別れます。

ここでは初めて出会った子供たちが打ち解けてくれるように、アイスブレイクタイムです。

リズムに合わせて名前を呼ぶゲーム!

1、2、3、4にあわせて、手をたたき、膝をたたいて、「名前」を呼んで、「よろしくね」!

みんな固くなってた表情も徐々に和らいでいきます。

 

名前を覚えたら、さっそく学習会最初の会場、蚶満寺と九十九島へ徒歩で移動します。

0200

ジオガイドの方たちに松尾芭蕉のお話と、九十九島の成り立ちを教えてもらいます。

島それぞれにいろんな名前がついていて面白いですね。

また、一つ一つの島にも特徴があって、自然の不思議を感じた子供たちでした。

0300

続いて蚶満寺の山門へ。

こちらでは、蚶満寺の24世住職、覚林和尚が、九十九島を田圃の開拓事業から命を懸けて守り、今の景色が残ったことなどのお話を聞く。

みんな真剣にメモを取ってました。

そして、さらに場所を「象潟郷土資料館」に移します。

0410

こちらでは主に、日本遺産に追加認定された北前船の歴史について学びます。

お話の上手な斎藤館長さんの説明に、みんな聞き耳を立てながら、必死にメモをっ取っていました。

0420

3階では北前船の模型を前に船の仕組みを学びます。

海のデパートと呼ばれる北前船が、どうやって各地を渡り歩いて商売をしてきたか。

館長さんのお話に、自分なりに想像を膨らませて、時折出題される問いかけに一生懸命答えている子供たちでした。

さまざまな工夫を凝らして、大きな夢を託して、命を懸けて航海した男たちのロマンを感じます。

さて、そろそろお腹も空いてきたかな?

昼食会場でもある道の駅象潟「ねむの丘」に移動します。

0500

今日の昼食はねむの丘の新作メニュー、特性キーマカレーです!

にかほ産のいちじくとトマトを煮込んだカレーと、夏野菜のトッピングが食欲をそそります。

0600

ご飯はお代わり自由!ってことで「いただきまーす!」

0700

さて、食後はいよいよお楽しみ!

炭酸ジュースを使った噴火実験です。

コーラの入ったペットボトルの中に、お菓子のメントスを落とします。

0800

すると・・・

0710

炭酸が発砲してペットボトルから泡があふれてきます。

普段、お家では怒られちゃうような禁断の遊びに大はしゃぎの子供たち(゚m゚*)

子供のころの炭酸ジュース遊びは楽しかったですよね?経験ありません?

お家でやるときはバレないようにやってね(・∀・)ニヤニヤ

 

さて、楽しい実験が終わったら外に出かけましょう!

つぎの会場は、中島台レクリエーションの森!

1000

駐車場で、準備運動をしたら出発です!

さあ、不思議の森の冒険だ~ヽ(*≧ε≦*)

1100

森の中は木道が整備されていて歩きやすい。

滑り止めの横板も新しくなってて安全ですね。

1200

途中、へんてこな形のぶなの木が・・・

なんでこんな形になっちゃうのかなあ。

ジオガイドの話に耳を傾けて不思議な森が出来上がるまでを教わります。

1300

なんだこれは?となぞの構造物が。

苔むして、ところどころ崩れたほこらのようなもの、これは炭焼き窯です。

これが「あがりこ」異形ブナの原因だったりもします。

「あがりこ」とはブナの切り株の上に芽吹いた新しいブナのこと。

そして木道終点部に君臨する巨大なブナの木・・・

1400

これが「あがりこ大王」とよばれる異形ブナの王様。

樹齢は300年を超えると言われています。

ジオガイドさんのお話を聞きながら、自然の不思議、大昔の人の知恵、そういったものが混ざりあって、とても神秘的で、この場所が神聖なところに思えてくる。

子供たちも「あがりこ大王」を目にしたときのさまざまな感動があったことでしょう。

この場所で、全員で集合写真を撮影しました。

不思議の森にはこのほかにもたくさんの不思議がいっぱい!

みなさんもぜひ、森の散策に出掛けてみましょう。

1500

さて、最後の場所は「ねむの丘」のレストラン。

学習交流会の総まとめです。

アンケートを書いてもらって、最後のお楽しみ。

1600

いじちくアイスクリームを食べて解散となりました。

たくさんの新しいお友達ができて、最後はみんな楽しそう(*^-^)

ほかの学校でもすぐ仲良くできる子供たちがうらやましいなあ・・・

夏休みの自由研究、頑張ってね!

 

鳥海山にはまだまだ不思議がいっぱい!

こんなところが近くにあるんだ!、自然ってこんなに面白い!、ふるさとはこんなに楽しい場所なんだと、みんなが自分のふるさとのことをもっと知ってくれて、自分の中で鳥海山が「日本一の山」となってくれるよう願っています。

ご参加いただきました子供たち、送り出してくれた親御さんたち、スタッフみんな、ありがとうございました。

では、また来年、たくさんの参加、お待ちしております!

【M19】











2018年6月20日 (水)

中島台・獅子ヶ鼻湿原へ

どーも【Su-da】です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
東北地方も梅雨入りしましたが、
天気が良かったのでにかほ市にある中島台・獅子ヶ鼻湿原に行ってきましたcar

Img_85781

Img_85791_2

まるっとくんもばっちり写ってますね(*^ー゚)b

Dsc024431

こちらが管理棟!
中には休憩スペースもあり、ゆっくりすることができますjapanesetea

Dsc024441

Dsc024461

それではさっそく行ってみましょうsign01

Dsc024521

木道がきれいに整備されています!
とても歩きやすく軽快に進んでいきますrun

Dsc024551

Dsc024621

途中で赤川を渡り、分岐点まで来ました。
まずはあがりこ大王へ!

Dsc024661

Img_85961

燭台や

Img_86001

Dsc024681

炭焼き窯を過ぎると見えてきました!

Dsc024731


Dsc024751

ブナの巨木「あがりこ大王」です。
やはり圧巻ですね!

Dsc024841

自然のパワーを感じますsign03

Dsc024641

来た道を戻り、続いては出つぼをを目指します。

Dsc024951

出つぼにつくとロープが張ってあり近くにはいけませんでしたが、
それでもすごい勢いで水が湧いているのを見ることができました。

Dsc025001

出つぼから鳥海マリモ、あがりこ女王を目指し進みます。
この辺りは木道がなく、険しくはありませんが岩場がありました。
皆さんも気を付けて散策してください。

Dsc025051

Dsc025061

さらに進んでいくと…

Dsc025141

鳥海マリモに到着!
鳥海マリモの様子はというと…

Dsc025181

だいぶ落ち葉が鳥海マリモの上に乗っかっていて見えにくい状況でありました(つд⊂)

Dsc025271

それから、昨年度から新スポットとして誕生したあがりこ女王です!
鳥海マリモの道を挟んですぐのところにありました。
一本の木からたくさんの幹が出ていて、これはこれですごい迫力です!

Dsc025391

天気のいい日の散策は気持ちがいいですねnote

Dsc025421

ぐるっと回って約2時間くらいでした。

散策をして終わったらちょうどお昼でした!
今回のランチは「ファミリーレストラン123(ひふみ)」さんへヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
注文したメニューは夏季メニューの「冷たい担々麺」scissors

Img_65631

Img_65651

ここの担々麺は有名ですが、冷たいのもとてもおいしいんです!
中太麺でモチっとしていて食べ応えがあり、
濃厚なスープとよく絡まりあっという間に完食してしまいました(/ー\*)


皆さんもぜひ中島台・獅子ヶ鼻湿原を散策してみてください!

【Su-da】

2017年9月 4日 (月)

第17回 鳥海山ろく「おばこハイク」参加者募集中

一昨日、9月2日から花立牧場で開催の秋田キャラバンミュージックフェスもいろんな意味で天候に恵まれ、盛り上がった週末になりましたね!

Dscf1213

ほかにも各地でいろいろなイベントがあり、環鳥海地域は話題がいっぱいです。

9月は毎週イベントが盛り沢山!

そのひとつ、「おばこハイク」をご紹介(^^)

「おばこハイク」は鳥海山ろく線運営促進連絡協議会が主催で、おばこ号を利用して駅からのハイキングを楽しみながら、沿線の魅力を発見してもらうという趣旨のイベントです。

今年で17回目となる毎年恒例のイベントですね。

ハイクの距離は約3キロ。健康な方であれば無理なくどなたでも参加できます。

今回は、当日発表の「お楽しみ!?ハイク」のほか、「座禅体験」「そば打ち体験」など、おばこハイクならではの楽しい構成で皆さまをお待ちしています!

昼食は、打ちたての蕎麦をいただきます♪

ご家族、ご友人などお誘いあわせの上、奮ってご参加ください!

2

4


1

※写真はイメージです。

<開催日>平成29年9月16日(土)
・受け付け 7時15分~【羽後本荘駅】
(受付後、おばこ号で矢島へ移動_7:46発)
・開会式  8時30分~【矢島駅】
・閉会式 13時00分ころ【坂之下会館】

<開催地>本市 矢島地域

<参加料>中学生以上2,500円、小人1,200円
※鉄道・貸切バス代、体験料、昼食代、保険料が含まれています

<参加申し込み>

申込みは9月7日まで!まだ間に合います!!

参加申込書を記入して由利高原鉄道旅行センターに申込みしてください。

詳しくは由利高原鉄道ホームページをご覧ください。

さあ、秋の環鳥海を楽しみましょう~♪

【M19】

2017年8月 1日 (火)

夏休み!まるっと鳥海学習交流会in飛島(後編)

7月26日に行った「まるっと鳥海学習交流会」の後編です。

ジオガイドの案内で、飛島探検に出かけた子供たち。

貝殻の海岸や、賽の河原、血の池と、自然が作り出す不思議な環境を体験していきます。

Img_5006_2

そしてつぎに訪れたのがこの岩。

みなさんは何に見えますか?

マンモス岩と呼ばれているそうです。

なんでも鼻の下を3回くぐると長生きできるとか。

4回目以降は寿命が縮むそうです。(lll゚Д゚)

Img_5012


岩場を抜けると砂浜が見えて来ました。

小松浜海水浴場です。

ここの砂、飛島の砂ではなく、本土から持ってきてるそうです。

波も穏やかで、ウミネコが飛び交い、綺麗な砂浜で、安心して海水浴ができそうです。

Img_5026


次に訪れたのは海づり公園。

浅橋では釣りが楽しめ、内部は海中観察が出来るようになっています。

上で釣りをしていると、中では釣られていく魚を観察できるという訳。

この日は釣り人はおらず、ちょっと残念。

Img_5044


島の散策の後は漁船に乗り込みます。

救命胴衣をしっかりつけて、海上へ出発!ヽ(´▽`)/

Img_5067


Img_5072

勝浦港を漁船で出発し、烏帽子(えぼし)群島へ向かいます。

そして海の聖地、御積島(おしゃくじま)へ。

島の洞窟には龍の鱗のようにキラキラ輝く石があるそうで信仰の対象となっています。

ここは今でも女人禁制だそうです。

Img_5095


盛りだくさんだった飛島学習交流会も終わりが近づいてきました。

漁船が港に入るころには、帰りのフェリーが港に到着していました。

Img_5121


天気も良くて楽しい学習会でしたね(≧∇≦)

不思議な自然にも触れることが出来たし、飛島面白いぞ!

この日見たのは、島のほんの一部。

まだまだ見どころ満載の飛島。

今度は泊りがけで探検しにきたいと思います(゚▽゚*)

【M19】

2017年7月28日 (金)

夏休み!まるっと鳥海学習交流会in飛島(前編)

今週は夏らしい天気が続いたと思ったら、また湿っぽい空ですね。

せっかくの夏休みも、週末に天気が悪いとがっかりです(´・ω・`)

さて、7月26日(水)、環鳥海地域連携事業実行委員会主催の「まるっと鳥海学習交流会」が開催されました。

去年は花立牧場での開催のようでしたが、今年は東北の孤島、飛島です!

わたくし【M19】もまるっとくんと一緒に、人生で初めて飛島へ行ってきたので、その時の様子をレポートしたいと思います。

Img_4810

午前9時・・・「定期船とびしま」に乗り込み酒田港を出港しました~

Img_4841


天気がよく、洋上から鳥海山も良く見えましたsun

Img_4871


出発して1時間ほど。船の旅もあっという間で、飛島が近くに見えてきましたよ~ヽ(´▽`)/

Img_4884


上陸後、すぐに学習会の屋内会場である勝浦会館へ向かいました。

Img_4927


会館内ではジオガイドの方たちによる飛島学習です。

じゃんけんで友達をつくる交流会をやったり、ソースやマヨネーズを使って溶岩の勉強です。

Img_4945_2

お勉強の後はお昼ご飯catface

「しまかへ」のカレーライスとワカメコロッケです。

うま~い!

子供たちもガンガンおかわりしてましたよ~(・∀・)

Img_4961

さて、おなかもいっぱいになったらいよいよ野外学習の始まり!

さあ探検に出発!

Img_4968

山林地帯を抜けたらそこは海!・・・まわり全部海ですけどね。

「シェルビーチ」といって貝殻で出来た浜です。

とっても綺麗!

Img_4983

ここは「賽の河原」といいます。

霊の寄り付く場所だということで、島民も近寄らないのだとか・・・(lll゚Д゚)

なぜかここには、こぶし大の丸石が沢山あって、奥には積み重なって山になってる丸石も。

もって帰ると良くないことが起きるんだとか・・・。
Img_4989


そしてここが「血の池」。

なんだかさっきから薄気味悪い名前が付けられてますが、茶褐色の池です。

ほんとうに血が混ざってるみたい・・・(@Д@;

・・・つづく。

【M19】

2017年7月18日 (火)

花立牧場公園で「夏休み子どもスタンプラリー」開催!

もうすぐ心トキめく夏休みですね!beercatface

長い休みでわくわくする反面、大量の宿題を見てゲンナリする子供たちもいるでしょう(゚ー゚;
お父さん、お母さんも、この夏は子どもたちにどんなサプライズ体験を用意しようか悩んでおられる方もいるのではないでしょうか~
斯く言う私もその一人ですが(;´▽`
さあ、そんな方々に朗報です!
由利本荘市の花立牧場公園にて、体験学習のスタンプラリーが開催されます!
いろんな体験をしてスタンプを集めると、無料宿泊券やアイスなんかが貰えちゃうお得な企画。
子どもに貴重な牧場体験をさせて、さらにお得なプレゼントが当たったりしちゃうと、幸福な奇跡体験まで出来ちゃいますよ(≧∇≦)
実施期間は7月15日から8月27日まで。
牧場での乳搾りや、ミルククリーム作り体験、工場見学のほか、ゴーカートやパークゴルフ、コテージ宿泊でもスタンプが貰えちゃいます。
花立牧場公園に泊りがけで遊べれば、それだけでスタンプが集まっちゃいます!
この夏休み、是非、花立牧場公園で遊びましょう!
Hanadate001
【M19】

2017年6月21日 (水)

夏休み まるっと鳥海学習交流会

鳥海山周辺地域の児童を対象に地域の魅力を体験する学習会を開催します。
夏休みの自由研究にも役立つ学習会に参加してみませんか。

応募方法

由利地域振興局または庄内総合支庁に電話いただくか、募集チラシに必要事項を記載のうえFAXしてください。

由利本荘市、にかほ市の方
由利地域振興局
電話 : 0184-22-5432
FAX : 0184-22-6683
酒田市、遊佐町の方
庄内総合支庁
電話 : 0235-66-5493
FAX : 0235-66-4728

概要

開催日時
7月26日(水) 8時30分~17時(酒田港発着)
会場
飛島 勝浦地区 (山形県酒田市)
※酒田市定期航路事業所から飛島までは「定期船とびしま」で移動します。
天候不良の場合は、酒田・遊佐ジオサイトツアーを中心とした内容で実施します。
集合場所と時間(バス・船での移動)
募集チラシをご覧ください。
対象者
秋田県由利本荘市、にかほ市、山形県酒田市、遊佐町の小学5年生以上各10名、計40名
参加費
昼食代(800円)+軽食代(350円) 計 1,150円
昼食として、カフェスペースしまかへの「とびしまカレー(わかめコロッケ付き)」、軽食として「とびうおアイス」を用意します。(しまかへで直接のお支払い)
持ち物
筆記用具、ノート、タオル、飲み物(水筒など)、雨具はご持参ください。
主催
環鳥海地域連携事業実行委員会(秋田県由利地域振興局・山形県庄内総合支庁)
申込み
募集チラシをご覧ください。

学習会の内容

授業「飛島ってどんなところ?」
飛島全体

まずは、飛島を知りましょう!
飛島ってどんなところなんでしょうか?
鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会のジオガイドの方々による実験やゲームを使った授業を行います。
鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会へのリンク
酒田市の飛島のページへのリンク

飛島探検その1

カフェスペースしまかへの「とびしまカレー(わかめコロッケ付き)」で昼食をとったら、さっそく飛島を探検です。
どんな発見があるのでしょうか。 さぁ、出発です。
楽しい冒険にするために、水筒と帽子をお忘れなく!。
カフェスペースしまかへへのリンク

舘岩賽の河原

飛島探検その2
遊覧船

探検は、まだまだ続きます。
遊覧船に乗って、「烏帽子群島」を観察します!
飛島の西方約1kmにある「烏帽子群島」には、溶岩が冷えて固まった時にできる六角形の柱状の岩石(桂状節理)がたくさん見られます。
鳥海山・飛島ジオパーク(烏帽子群島)へのリンク

ジオパークは、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所です。
飛島では、いたるところで、大地と海の営みによってできた地形や風景をみることができます。
地球の成り立ちを知ることで、いつもの景色が違って見えてくるかもしれません!
今年の夏休みは、飛島を丸ごと楽しみませんか?

その他

  • 締切りを7月7日(金)17:00とします。なお、応募多数の場合は、抽選とします。
  • 出席の可否については、7月18日(月)までに連絡します。また、学校へもこちらから連絡いたします。
  • 交通費、体験料、保険料は主催者が負担します。

2016年11月10日 (木)

餅作り体験&餅パーティ♪

またまた東由利の農家民宿・産直やしおの大坂さんご夫妻の美味しい体験のご紹介ですhappy01


作り体験パーティー

Photo

はさがけ(天日干し)した新米を使って餅作り体験をするようですnotes

あんこ餅にきな粉餅、TVで話題となったバター餅・・・

んん~、どれもおいしそうですねcatface

作った餅は持ち帰りできますので、お土産にぴったり♪

昼食は郷土料理「汁餅」で、まさに餅づくしsign03

新米を使ったお餅はよりいっそう美味しいでしょうねshine

日 時 

11月23日(祝・水) (受付)9:30~14:30

場 所 農家民宿・産直やしお(由利本荘市東由利舘合字白山66)
人 数 5名
持ち物

エプロン、三角巾

参加費

大人3,000円、子ども(小学生以下)2,000円(税込)

内 容

(予 定)

9:30~ 9:45

受付
9:45~11:30 餅作り体験
11:30~14:00 

餅パーティー準備(汁餅作り)と昼食

14:00~14:30 後片付け
14:30 解散
申込み締切 11月18日(金)まで

申込み用紙

(チラシ)

こちらからダウンロード

まだまだ食欲の秋sign01(若干冬寄り)

餅づくしの餅パーティーで手作りの美味しいお餅を味わいましょうnotes

詳しくは下記リンクをご覧くださいhappy01
秋田のグリーンツーリズム総合情報サイト

by mitty

2016年9月17日 (土)

横荘線散歩と木の実拾い体験♪

9月7日のブログでも稲刈り&はさがけ体験についてお知らせしましたが、

またまた魅力的な体験がありましたhappy01

横荘線散歩と木の実拾い体験 ですsign03

Photo_2


今回も由利本荘市東由利にある農家民宿・産直やしおさんが行ってくれますnote

横荘線はご存知でしょうかtrain

1971年まで横手―東由利間を走っていた鉄道路線ですflair

その跡地を散歩しながら山の恵みを収穫しようという体験ですhappy01shine

子どもの頃はよく木の実を拾って遊んでいましたが、今ではなかなか…sweat02

身の回りをゆっくり眺めることも少なくなったかもしれませんwobbly

童心に返って、ちょっとゆっくりした時間を過ごせそうですねshine

お昼はなべっこ遠足♪おやつは焼き芋♪

家族と、友人と、是非参加してみてはいかがでしょうかhappy01

日 時 

平成28年10月2日(日)
(受付)9:30~16:00

集合場所 農家民宿・産直やしお(由利本荘市東由利舘合字白山66)
場 所

横荘線(おうしょうせん)の跡地

人 数 5名
持ち物

山歩きできる服装、熊よけ鈴、お飲み物

参加費

大人3,000円、子ども(小学生以下)2,000円(税込)

内 容

(予 定)

9:30~ 9:45

受付
9:45~10:15 横荘線跡地まで車で移動
10:15~11:30

山栗、栃の実、クルミ拾い

11:30~13:30 産直やしおへ移動後、なべっこ作り~昼食
13:30~14:30 木肌の実、柿、アケビ採り
14:45~15:30 

おやつ(焼き芋)

15:45~16:00 後片付け、解散
申込み締切 9月28日(水)

申込み用紙

(チラシ)

こちらからダウンロード


詳しくは下記リンクをご覧くださいhappy01
秋田のグリーンツーリズム総合情報サイト

by mitty

2016年9月 7日 (水)

稲刈り&はさがけ体験♪

見渡せば青々と風になびいていた田んぼも、いつの間にか黄色く色づいてきましたflair

収穫の時期が着々と迫ってきておりますhappy02

あの、ツヤツヤふっくらしたおいしい新米を早く食べたいっcatface

私と同じ食いしん坊の皆さん、お米をも~っと美味しく味わえる方法をご紹介しますcatface

ズバリ・・・

刈り  はさがけ 体験 をしてからお米をいただくことsign03

当たり前のように食べているごはんも、

農家さんの日々の苦労と努力があっての賜物sign01

そんな農家さんのお仕事をちょっと体験してみませんかhappy01sign02

Photo

このブログでも何度か登場している、由利本荘市東由利にある 農家民宿・産直

こちらで「稲刈り&はさがけ体験」の参加者を募集しているんですflair

当日は、稲刈りをして、みんなで芋の子汁などのお昼ご飯を作って食べて、はさがけnotes
3時のおやつ休憩もあるようですよcake

一日がかりの体験になりますが、なんと後日収穫したお米をいただけるそうですshine

自分が一生懸命作業して収穫したお米と思うと・・・美味しさも倍増ですねhappy02shine

農作業をしたことがない方も安心してくださいflair
大坂さんご夫妻がやさしくおもしろく教えてくれることでしょうsmilenotes

大人も子どもも一緒に Let's 稲刈り&はさがけ体験goodshine

日 時 

平成28年9月22日(祝・木)
(受付)9:15~16:00

集合場所 農家民宿・産直やしお (由利本荘市東由利舘合字白山66)
場 所

やしおの田んぼとご近所農家さんの田んぼ

人 数 5名
持ち物

農作業できる服装、靴。お飲み物。

参加費

大人3,000円、子ども(小学生以下)2,000円(税込)

内 容

(予 定)

9:15 ~ 9:30

受付
9:30 ~11:00 稲刈り準備・稲刈り
11:00~12:00 

昼食作り(芋の子汁、おにぎり)

12:00~13:00 昼食
13:00~15:00  稲刈りとはさがけ
15:00~15:30 

3時のおやつ休憩

15:30~16:00 後片付け
16:00 作業終了・解散
その他

後日、収穫したお米(精米)5kgを進呈します。

送料は別途かかります。

申込み締切 9月15日(木)

詳しくは下記リンクをご覧くださいhappy01
秋田のグリーンツーリズム総合情報サイト

by mitty



より以前の記事一覧

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ